書評

世紀末芸術を代表するふたりの天才 その禁断の世界に息をのむ

文: 中野 京子 (作家・独文学者)

『サロメ』(原田 マハ)

『サロメ』(原田 マハ)

 原田マハさんの、モネをはじめとした印象派に関する著作からは、絵画芸術への純粋な愛ばかりでなく、お人柄をうかがわせる優しさ、そして人間の善意への信頼が伝わってきて、心地よい読書タイムとしみじみした読後感を味わわせてもらってきた。

 その著者が、世紀末イギリスの産んだグロテスクで奇態な大輪の花ともいうべきオスカー・ワイルドとオーブリー・ビアズリーを取り上げる……いったいどんなふうになるのだろう、と『サロメ』発刊後すぐ興味津々で読んだ記憶がある。

 今回、文庫解説を引き受けるにあたって再読し、新たに全文書き下ろすつもりだったが、本書の単行本発刊後まもなく「週刊文春」に寄稿した短評は、初読の興奮のままに書いた新鮮さ(自画自賛?)があると思うので、以下に再掲することにした。

 ──原田マハさんが新境地を切り開き、したたるような妖しいエロスの世界をくり広げる。

 世紀末ヨーロッパで一世を風靡した作家オスカー・ワイルド、彼の戯曲『サロメ』に悪魔的挿画の数々を提供した夭折の画家オーブリー・ビアズリー、姉で女優のメイベル・ビアズリー。この三人の関係が、史実という大樹に絡みつく蔓草のようなフィクションに彩られる。

サロメ原田マハ

定価:本体680円+税発売日:2020年05月08日


 こちらもおすすめ
書評父の人生に願いをこめて(2020.04.07)
インタビューほか【第161回直木三十五賞候補作】名画を守り続け、そして取り戻した人々──『美しき愚かものたちのタブロー』(原田マハ 著)(2019.07.12)
書評モダンアートの聖地MoMAを舞台に多様なテーマを描き出す佳麗なる短篇集(2018.05.01)
書評日本人作家が書いた沖縄をテーマとする小説でいちばん好きな作品(2016.11.24)
インタビューほか歴史的名画を巡るアートサスペンス(2016.07.14)