本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
わたし達は皆、頭が悪いから

わたし達は皆、頭が悪いから

文:佐藤 知一 (技師)

『彼女は頭が悪いから』(姫野 カオルコ)


ジャンル : #小説

『彼女は頭が悪いから』(姫野 カオルコ)

ずいぶん前のことだが、東大の2年生が同じ学年の女子を包丁で何度も刺して、重傷を負わせる事件があった。恋愛感情のもつれによる逆恨みだったらしいが、幼稚かつ愚かな犯罪である。

「その学生はすぐ退学処分にすべきだ」と、聞いて思った。人間には、やっていい事といけない事の区別がある。東大生の多くは、入試に青春のほとんどを賭けてきたはずだから、『退学処分』は戦慄すべき事態だろう。だから、人を刺したら「自分の人生を失う」という、ショックに近い感情と共に、教訓は全学生の心に残る。人を刺したら犯罪、くらいは誰でも“知って”いる。だが、感情を込めた記憶があって初めて、“分かる”のだ。

ところが事件の直後、東京大学は当学生に対する処分を、何ら発表しなかった。推定無罪の原則かもしれぬ。しかしこの事件では、犯意は明らかであった。一罰百戒のせっかくの機会を、東大は逃したのだ。まことに残念である。

姫野カオルコ著『彼女は頭が悪いから』は、「東大生」に対するイメージと世の歪みを主題にした小説だ。まず、タイトルが人を惹きつける。「頭が悪い」とは、偏差値が東大より低い大学の学生を指す、意地悪な形容である。わいせつ事件の被害者となる主人公の美咲は、普通の女子大生だった。ただ加害者たちが東大生だったため、かえって世間から「勘違い女」などと非難される。では、勘違いとは、いったい何の事か?

本書は2016年に実際に起きた、東大生5人による強制わいせつ事件に着想を得ているが、完全なフィクションである。ただ、フィクションの意味を、全然理解できない人も多いらしい。本書刊行の数ヶ月後、東大駒場キャンパスで開催されたブックトークで、それを感じた。スピーカーとしては姫野さんの外に、文藝春秋の編集者と女性活動家、そして東大の教官数名が登壇していた。

今思い出しても、このイベントはまことに東大的だった。ひどく真面目なのに、全体としてひどくバカげている。シンポジウムではなぜか、小説にリアリティがない、という点に批判が集中した。理由には、三鷹寮や入試問題などへの、些末な事実誤認があげられた。姫野さんはシンポの冒頭で、「この小説はフィクションであり、東大を紹介するために書いたものではない」と、わざわざ説明している。だが、なぜ東大の人たちは、教員も学生も口をそろえて、あんなに怒っていたのか。

人が些細なことで妙に激しく怒るときは、何か見えない心理的機制が働いている。わたしは一応、東大大学院で何十回も教壇に立ってきたので、平均的な人よりは、東大生という人種を知っているつもりだが、この問題は、おそらく西村肇・東大名誉教授の次の発言に、ヒントがあると感じた: 

「私は東大をやめてから、初めて東大の卒業生の性格がよく見えてきました。(中略)まず、劣等感が強いことです。これはちょっと意外かもしれませんが、本当です。(故郷で)○○天才などと呼ばれていた者が、東大に入ると、とてもかなわない奴がいることを知って、自信が根本的に崩れてしまうのです。しかしそれを認める余裕がなく、隠そうとします。ですから、東大卒業生は批判されることを嫌い、本当に批判されると壊れてしまいます。ガラスの器のようです。」
(西村肇「日本破産を生き残ろう」 日本評論社・刊、P.152)

彼女は頭が悪いから
姫野カオルコ

定価:957円(税込)発売日:2021年04月06日

ページの先頭へ戻る