本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
二つの人生を生きた在日一世の物語

二つの人生を生きた在日一世の物語

文:斎藤 美奈子 (文芸評論家)

『海を抱いて月に眠る』(深沢 潮)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #小説

『海を抱いて月に眠る』(深沢 潮)

 日本と韓国をめぐる状況は、今日、なかなか複雑です。

『冬のソナタ』がヒットした二〇〇〇年代から、日本でも韓流ドラマやK–POPにハマる人が激増し、何度かの波を経つつ、今日でもその人気は衰えを知りません。韓国発のファストフード店が軒をつらねるコリアンタウンは大人気。日本の飲食店やコンビニでは韓国から来た留学生がおおぜい働いていますし、日本の女の子たちは韓国のファッションやコスメに夢中です。

 半面、公的な政治レベルでの日韓関係は必ずしも良好とはいえません。もちろんその背景には、かつて日本が韓国を植民地化していたという負の歴史があり、いまなお在日外国人の公民権を認めない日本政府の問題があるわけですが、二〇一〇年代には在日コリアンを標的にしたヘイトスピーチ(差別扇動表現)や、韓国への憎悪を煽る「嫌韓本」が横行し、社会問題にまで発展しました。

 正と負の両面を含んだ、日韓をめぐるそんな今日の状況を、深沢潮ほどセンシティブ、かつ軽やかに小説化してきた作家はいないといっていいでしょう。深刻な歴史的背景や差別問題を内包しながらも、けっして重苦しくも告発調にもならない。彼女が描いてきたのは市井に生きるごく普通の人々です。

 二〇一二年のデビュー作「金江のおばさん」(『縁を結うひと』所収)は、在日同士の縁談を二〇〇組もまとめてきた「お見合いおばさん」をユーモアとペーソスをまじえて描いた短編小説。『ひとかどの父へ』(二〇一五年)は、自分は日本人だと信じ、美人で裕福な在日の友人に複雑な感情を抱いてきた女性が、自身のルーツを知って内なる差別と向き合わざるを得なくなる物語。『緑と赤』(二〇一五年)はヘイトデモの嵐が吹き荒れる新大久保を背景に、在日であることを隠してきた女子大生、K–POPファンの友人、アニメなどの文化にひかれて日本の来た韓国人留学生、反ヘイトのカウンター活動に突き進む女性など、多様な人物が登場する群像劇でした。

 

 さて、本書『海を抱いて月に眠る』は、そんな深沢潮がはじめて手がけた父の世代、すなわち在日一世の物語です。

〈父の人間関係について梨愛はまったく把握しておらず、通夜に来ている人たちをほとんど知らない〉。ところが、その見知らぬ弔問客の中に、声をあげて泣いている人がいた。〈父の死をここまで悼んでくれる人がいるなんて。/いったい何者なのか? 父とはどういう関係だったのだろう〉

 このはじまり方からして、波乱のドラマを予感させます。

 九〇歳(本当は八五歳)で死んだ在日一世の父・文徳允は大学ノートで二〇冊にも及ぶ手記を残していた! 物語はそんな文徳允の波瀾万丈な半生を軸に、父の過去を徐々に知る娘の梨愛の動揺を挟みながら進行します。

 文徳允と名乗っていた父の本名は李相周。一九三一年、植民地時代の慶尚南道・三千浦に生まれ、四五年の解放後(日本側からいえば敗戦後)、旧制中学の同級生だった姜鎭河、韓東仁の二人とともに、日本に向かう密航船に乗った。だが船は対馬沖で遭難。九死に一生を得た三人は身分証に代わる米穀通帳を手に入れ、以後、相周は通帳にあった五歳上の「文徳允」として生きてきたのでした。

海を抱いて月に眠る
深沢潮

定価:869円(税込)発売日:2021年04月06日

ページの先頭へ戻る