インタビューほか

韓国に蔓延する「確証偏向症」の正体とは

牧野 愛博

『韓国を支配する「空気」の研究』(牧野 愛博)

『韓国を支配する「空気」の研究』(牧野 愛博)

 2019年11月、すっかり肌寒くなったソウルの街を訪れた。2019年3月まででソウル勤務を終えた私だが、2~3カ月に一度は韓国を訪ねている。

 私が初めてソウルの土を踏んだのは1999年9月。ちょうど20年前のことだった。それまでは1996年6月に済州島(チェジュド)で開かれた日韓首脳会談を取材したことが、唯一の韓国体験だった。当時の朝日新聞政治部では、「これからの朝鮮半島は安全保障が重要だ。政治部からソウル特派員を出すべきだ」という声が強くなっていた。1998年夏に北朝鮮が発射した弾道ミサイル「テポドン1」が日本列島を飛び越える事件があったからだ。当時の政治部員たちは「海外に行くならワシントンか北京」と考える者が大多数で、ソウルは不人気だった。地方記者出身で政治部の下っ端だった私は、会社に命じられるがままに韓国留学の道を選んだ。

 当時の私が知っている韓国語と言えば、キムチとかプルコギといった程度。留学して
ばらくは、韓国人に何を言われても「ケンチャナヨ(大丈夫)」としか答えられなかった。

韓国を支配する「空気」の研究牧野愛博

定価:本体900円+税発売日:2020年01月20日


 こちらもおすすめ
ニュース『反日種族主義』日本の部数が20万部突破(2019.11.18)
書評(文庫版あとがき:)習近平は「中興の祖」となるか、それとも悲惨な末路を辿るのか(2018.06.23)
書評中韓の術中に嵌まるなかれ(2016.03.02)
書評「反日、反日、反日……」 それでも韓国ほど面白い国はない(2015.10.21)
書評初めて書かれた「反日」大統領の実相(2015.08.20)