発売情報

この家はまともな場所ではない。ここは邪教の巣だ――『邪教の子』ほか

「この家はまともな場所ではない。ここは邪教の巣だ――『邪教の子』ほか」をはてなブックマークに追加

『追憶の烏』『邪教の子』『TOKYO REDUX』『アルゴリズムの時代』『死者にこそふさわしいその場所』『新選組血風録(二)』『ブラックノイズ』『「おばけ」と「ことば」のあやしいはなし』『名著のツボ』

発売ラインナップ (2021/8/22~2021/8/28)

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    追憶の烏
    著者名
    阿部智里
    発売日
    2021/08/23
    作品紹介
    第二部始動から一年。「八咫烏シリーズ」衝撃の最新刊!
    猿との大戦の後、山内では一体何が起こっていたのか――? 前作『楽園の烏』で描かれなかった山内の“その後”が明らかに!
  • タイトル
    邪教の子
    著者名
    澤村伊智
    発売日
    2021/08/24
    作品紹介
    結末は絶対に明かさないでください
    この家はまともな場所ではない。ここは邪教の巣。『ぼぎわんが、来る』の気鋭がニュータウンを舞台に描く戦慄のサスペンススリラー。
  • タイトル
    TOKYO REDUX
    著者名
    デイヴィッド・ピース 黒原敏行
    発売日
    2021/08/24
    作品紹介
    ノワールの鬼才が挑む戦後最大の怪事件「下山事件」
    一九四九年、国鉄総裁が轢断死体で発見された。謎を追うGHQ捜査官に戦後日本の闇が迫る。英国の鬼才が昭和の魔を描く戦慄の傑作。
  • タイトル
    アルゴリズムの時代
    著者名
    ハンナ・フライ 森嶋マリ
    発売日
    2021/08/24
    作品紹介
    我々はどうやって機械と共存すればいいのか?
    買い物のお勧め、自動運転、がん診断、犯罪予測に作曲まで。人間生活に深く入り込んだ「アルゴリズム」の驚くべき実態を解き明かす。
  • タイトル
    死者にこそふさわしいその場所
    著者名
    吉村萬壱
    発売日
    2021/08/25
    作品紹介
    怖いものほど見たくなる、駄目なものほど癖になる
    折口山に暮らすのは、性交の回数を記録する愛人、どうしても起きられない女、生傷だらけの聖職者…世界の蓋を引き剥す連作短篇集。
  • タイトル
    新選組血風録(二)
    著者名
    司馬遼太郎 森秀樹
    発売日
    2021/08/25
    作品紹介
    壬生浪たちの威名轟く!
    擾乱の京を舞台に、だんだら羽織をまとった最強剣客集団の軌跡を描く司馬遼太郎原作を、『墨攻』森秀樹が激烈コミカライズ。第二弾。
  • タイトル
    ブラックノイズ
    著者名
    張渝歌 倉本知明
    発売日
    2021/08/26
    作品紹介
    台湾でドラマ化進行中! 「ミナコの呪い」とは?
    古いカセットから漏れ出す謎の声。台湾に今も息づく呪術、原住民族の伝説、日本統治下の悲劇が混然一体となったモダンホラーの傑作!
  • タイトル
    「おばけ」と「ことば」のあやしいはなし
    著者名
    京極夏彦
    発売日
    2021/08/27
    作品紹介
    「あやし」の世界の魅力を語り尽くす!
    日本各地に言い伝えられる「妖怪」から江戸・明治期の絵師・河鍋暁斎、「ゲゲゲの鬼太郎」の水木しげるまで令和版「妖怪談義」。
  • タイトル
    名著のツボ
    著者名
    石井千湖
    発売日
    2021/08/27
    作品紹介
    名著の現代的魅力にいざなう、最高のブックガイド決定版
    フィクションのお金が社会を動かすことを予見した『ファウスト』から、アンチ自己責任小説『阿部一族』まで、識者たちが読み解く!