本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
坊っちゃんって実は“コミュ障”!? 現代を生きるヒントが満載の“書店仕込み”の名著ガイド

坊っちゃんって実は“コミュ障”!? 現代を生きるヒントが満載の“書店仕込み”の名著ガイド

石井 千湖

『名著のツボ』(石井 千湖)


ジャンル : #ノンフィクション

『名著のツボ』(石井 千湖)

二人の男に言い寄られ、結果出家する浮舟は「自立した女性」

――他にジェンダー問題を先取りした作品として『源氏物語』を挙げているのには驚きました。

石井 『源氏物語』って端的にいうと“実家の太いプレイボーイが女たちを泣かせる話”でしょう(笑)。描かれる女性像も、たとえば「宇治十帖」のヒロイン浮舟なんて、二人の男から言い寄られますが、どっちつかずで主体性がなく、読んでいてイラッとすらしてしまう。あげく男を決めかねて出家してしまうのは、なんで? と。

 ところが角田光代さんが、登場人物のなかで浮舟だけが男性に何も期待していない、すべてを奪われても誰にも所有されない個としてあり続けた女性だと解釈していて、ハッとさせられました。たしかに、身分の高い経済的にめぐまれた男性が助けてくれる、という期待が彼女にはまったくないんですね。他にも花散里と光源氏の関係は〈セックスレスだけれども仲睦まじい〉現代的な関係と読み解いていたりして、非常に新鮮でした。

 時代ごとに名著の読まれ方は変わります。谷崎潤一郎が読んだ源氏と、瀬戸内寂聴が読んだ源氏は当然異なりますし、いま角田光代さんはジェンダー、フェミニズムの視点から新たな魅力を浮き彫りにしている。優れた名著は読まれるたびにテキストとしての強度が増すことを実感しました。

「個の確立」には洋の東西を問わず、他者が重要な役割を果たす

――“他者との遭遇”という章立てで、国内外の近代文学を紹介していたのも興味深かったです。

石井 この章立てにしたのも、名著は単独で見るより横断的に比較すると、見えなかった繋がりに気づきやすいからです。

 たとえば、芥川龍之介『羅生門』の主人公は老婆という異質の他者に会うことによって、「急に近代人らしい内面を見せて〈個人〉に生まれ変わる面白さ」を、文芸評論家の阿部公彦さんが教えてくれました。かたやスタンダール『赤と黒』は、夫に従順なレナール夫人が「男よりもずっとパワフルで崇高な魂」を持つ存在になる“変身”を描いた小説として仏文学者・野崎歓さんは読み解く。

 つまり、近代小説における個の確立において、洋の東西を問わず、他者が重要な役割を果たしていることが分かります。

――意外な作品同士が並列化されていて新鮮ですね。

石井 さらにいうと、縦の比較でも思わぬ発見ができます。たとえばゲーテの『ファウスト』は恋愛譚の部分が有名ですが、実は「フィクションというお金が社会を動かすことを予見している」という重要なポイントを教えてくれたのが故・池内紀先生でした。ゲーテは財務局長を務めていたので、金(きん)などで作られた実体的なものでなくても、人々の期待や信用といった共同幻想で貨幣は成り立つことを見抜いていた。

『ファウスト』という色と金の物語が資本主義の本質を予見した一方で、ヴェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』の項では、資本主義が生まれた背景に、勤勉と禁欲を押し進めるキリスト教精神があったことが分かります。〈極端に禁欲的な個人の倫理が極端に強欲な資本主義を生み出した〉ことをえぐり出したのは社会学者の大澤真幸さんです。

 そして資本主義はいかに労働者を強固に搾取するシステムとなったか、仲正昌樹さんのマルクス『資本論』の解説で、現代のグローバル化した資本主義の本質を理解できます。こうやってこのガイドブックで名著の縦糸・横糸の軸を俯瞰するだけでも、知のマッピングが出来てそうとう面白いと思います。

ブックガイドの構成は、まさに書店のフェアの棚作り

――古今東西の名著がセンスよく散りばめられていて、まるでよく考え抜かれた本屋さんの名著フェアのよう(笑)。もともと書店員さんだった経験も生きているんでしょうか?

石井 ブックガイドの構成ってまさにフェアの棚作りに似てるのかも(笑)。最初に就職したのが八重洲ブックセンターで文芸書の棚の担当でした。文芸書が好きでしたから。

 その後浜松町のブックストア談、ネット書店のセブンアンドワイなどを転々とするんですが、本を読むことと同じくらい本を売ることが好きでした。ちょっとした仕掛けで本を沢山売るとか、効率よく在庫を入れ替える方法を考えたりするのが大好きで。もう絶版になると聞いた本を在庫全部仕入れて100冊売り切ったりとか、ホント楽しかったですね。

――書く仕事をするようになったきっかけは?

石井 ネット書店時代に、本の仕入れだけでなく著者インタビューのコーナーも担当していたんです。最初は編集みたいなことをやっていたのですが、上司に「自分でも書かないの?」と言われて、作家のインタビューをしてまとめるようになったのがライターとしての最初の経験です。その後、フリーになってからは豊崎由美さんの後押しもあって、「週刊文春」などいろいろな媒体で機会をいただき、インタビューと書評の仕事をやるようになって今に至ります。もうかれこれ17年くらいになりますね。

名著には、今を生きる力に直結する学びがある

――今回の本にも通ずるインタビューの醍醐味って何でしょう?

石井 投げかけた質問によって生まれる言葉って、生身の人間に向けて語ってくれるものだから、ダイレクトに熱が伝わってくるんですね。語り手が何を心から面白いと思っているか、何を本気で伝えようとしているのか。

『名著のツボ』の取材でいうと、みなさん本と真剣に向き合ってきて、深い知見を持っていらっしゃいます。連載の途中から新型コロナウイルスの感染拡大が始まって、名著にかこつけた人生相談みたいなこともしていましたね(笑)。先行きが見えない不安な状況を乗りきる手がかりがほしくて。感染症のような非常事態にも対応できる知のあり方として、アリストテレスの〈フロネーシス〉という概念を哲学者の納富信留さんが教えてくれたりして、今を生きる力に直結する学びも多くありました。

 名著は語られることによって新たな価値を帯びます。その瞬間に立ち会えたのが何よりもの喜びでしたし、その知的興奮と感動をとことん濃縮したのが『名著のツボ』です。きっと、読者のみなさんの人生にとって大きな意味をもつ一冊に会える最高のブックガイドですし、すでに読んだことのある名著なら新たな発見で、出会い直しもできるはず。ぜひ楽しんで頂けたら嬉しいです。


(撮影:文藝春秋/三宅史郎)


石井千湖(いしい・ちこ)

1973年佐賀県生まれ。書評家、ライター。早稲田大学卒業後、書店員を経て、現在は書評とインタビューを中心に活動し、多くの雑誌や新聞に執筆。著書に『文豪たちの友情』、共著に『世界の8大文学賞』『きっとあなたは、あの本が好き。』がある。

名著のツボ
賢人たちが推す!最強ブックガイド
石井千湖

定価:1,760円(税込)発売日:2021年08月27日

ページの先頭へ戻る