本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【緊急出版】米国は“支援”することでウクライナを“破壊”している『第三次世界大戦はもう始まっている』ほか

【緊急出版】米国は“支援”することでウクライナを“破壊”している『第三次世界大戦はもう始まっている』ほか

【文春新書 6月のラインナップ】

現代最高の知性が読み解くウクライナ戦争

『第三次世界大戦はもう始まっている』エマニュエル・トッド

ロシアによるウクライナ侵攻を受けての緊急出版。
戦争を仕掛けたのは、プーチンでなく、米国とNATOだ。

「プーチンは、かつてのソ連やロシア帝国の復活を目論んでいて、東欧全体を支配しようとしている。ウクライナで終わりではない。その後は、ポーランドやバルト三国に侵攻する。ゆえにウクライナ問題でプーチンと交渉し、妥協することは、融和的態度で結局ヒトラーの暴走を許した1938年のミュンヘン会議の二の舞になる」――西側メディアでは、日々こう語られているが、「ウクライナのNATO入りは絶対に許さない」とロシアは明確な警告を発してきたのにもかかわらず、西側がこれを無視したことが、今回の戦争の要因だ。

くわしく見る


6月の文春新書

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    第三次世界大戦はもう始まっている
    著者名
    エマニュエル・トッド
    発売日
    2022/06/17
    作品紹介
    戦争を仕掛けたのはプーチンでなく米国だ
    ウクライナを武装化してロシアと戦う米国によって、この危機は「世界戦争化」している。各国の思惑と誤算から戦争の帰趨を考える。
  • タイトル
    ドリフターズとその時代
    著者名
    笹山敬輔
    発売日
    2022/06/17
    作品紹介
    国民をテレビの前に集合させた男たち
    視聴率50%を超えた「全員集合」はどのようにして生まれたのか。ザ・ドリフターズを気鋭の論者が舞台・演劇の視点から読み解く。
  • タイトル
    トカイナカに生きる
    著者名
    神山典士
    発売日
    2022/06/17
    作品紹介
    都心から1時間~1.5時間エリアで幸せを掴む!
    「上り列車」に乗って都会を目指す幸せはコロナによって一変した。「下り列車」に揺られて未来を造る生活様式こそが新しい生き方だ。
  • タイトル
    小さな家の思想
    著者名
    長尾重武
    発売日
    2022/06/17
    作品紹介
    戦乱の世、方丈庵に込められた思想とは?
    一辺約3メートル、組み立て式のモバイル住宅「方丈庵」は鴨長明の集大成だった。誰もが知る古典を建築として読み解く新たな試み。
プレゼント
  • 『妖の掟』誉田哲也・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/12/06~2022/12/13
    賞品 『妖の掟』誉田哲也・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る