本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
ベストセラー作家・浅田次郎の傑作時代小説『大名倒産』映画化決定!

ベストセラー作家・浅田次郎の傑作時代小説『大名倒産』映画化決定!


ジャンル : #歴史・時代小説

映像化作品を含め、数々のヒット作を生み出しているベストセラー作家・浅田次郎が放つ、傑作時代小説『大名倒産』。

時は江戸時代。ある若者が、ひょんなことから一国の大名に! しかし藩には莫大な借金があって……次々と無理難題に巻き込まれていく若殿を中心に巻き起こる、笑いと涙の傑作エンターテインメント。

2019年に上下巻で単行本が発売されると、「面白い!」「こんな浅田作品が読みたかった!」と話題に。9月1日には文庫も発売予定です。

メガホンをとるのは『こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話』(2018)、『老後の資金がありません!』(2021)、『そして、バトンは渡された』(2021)など、立て続けにヒット作を世に放つ前田哲監督。本作が時代劇初挑戦となります。

脚本は、映画『七つの会議』(2019)、ドラマ「半沢直樹」(2020) 、「ノーサイド・ゲーム」(2019)、「ブラックペアン」(2018)の丑尾健太郎と「特捜9 season2~4」(2019-2021)、「下町ロケット」(2015)などを手掛ける稲葉一広の共同脚本。

映画『大名倒産』は、2023年に松竹配給にて全国公開となります。ぜひ続報にご期待ください!


作品情報

原作:浅田次郎「大名倒産」(文藝春秋刊)
監督:前田哲( 『こんな夜更けにバナナかよ愛しき実話』『老後の資金がありません!』『そして、バトンは渡された』)
脚本:丑尾健太郎(『七つの会議』「半沢直樹」「ノーサイド・ゲーム」「ブラックペアン」)
稲葉一広( 「特捜9 season2~4」「下町ロケット」)
配給:松竹
公開:2023年全国公開

文春文庫
大名倒産 上
浅田次郎

定価:858円(税込)発売日:2022年09月01日

文春文庫
大名倒産 下
浅田次郎

定価:858円(税込)発売日:2022年09月01日

プレゼント
  • 『神域』真山仁・著 

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/10/5~2022/10/12
    賞品 『神域』真山仁・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る