本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
人口減少、男女格差、グローバル化……これらはみな日本の「伸びしろ」です!『日本の伸びしろ』ほか

人口減少、男女格差、グローバル化……これらはみな日本の「伸びしろ」です!『日本の伸びしろ』ほか

【文春新書 10月のラインナップ】

腹から納得できる出口流「成長への道」

『日本の伸びしろ』出口治明

日本は衰退している、多くの課題を抱えて打開策が打てなくなっている、と考えている人は多いでしょう。たしかに人口減少、一人当たりGDPの低下、生産性の低さ、向上しない女性の地位など、先行きに不安を感じさせることばかりです。しかし、これらの課題の中にこそ、「日本の伸びしろ」がある。それが出口流の「逆転の発想」です。

資源のない日本が豊かであり続けるためには、モノと人と情報を活発に動かしていくほかありません。本書では、具体的な課題を「伸びしろ」に変える方策を提示します。

本書の執筆過程で、脳出血に見舞われた出口さんは、一年のリハビリを経て、学長の職務に復帰しました。本書は復帰後初の日本社会への提言でもあります。

くわしく見る


10月の文春新書

発売日のリンクをクリックするとGoogleカレンダーの登録画面が表示されます

  • タイトル
    日本の伸びしろ
    著者名
    出口治明
    発売日
    2022/10/20
    作品紹介
    悲観論はだいたい間違いです
    人口減少、男女格差、グローバル化……これらはみな日本の「伸びしろ」です! 目からウロコ、腹から納得できる出口流「成長への道」。
  • タイトル
    男性中心企業の終焉
    著者名
    浜田敬子
    発売日
    2022/10/20
    作品紹介
    日本企業は女性を活かせるのか?
    グローバル企業を目指す中で、業界生き残りをかけて、コロナ禍で本気で変り始めた日本型企業の奮闘と変化を豊富な取材で描き出す。
  • タイトル
    スパコン富岳の挑戦
    著者名
    松岡聡
    発売日
    2022/10/20
    作品紹介
    日本復活のヒントは富岳にあり
    感染症のみならず、気候変動など複雑化する次世代の問題解決の鍵を握るスパコン。世界を制した富岳の開発秘話を天才開発者が語る。
  • タイトル
    分子をはかる
    著者名
    藤井敏博
    発売日
    2022/10/20
    作品紹介
    医療、環境――こんな身近に最先端技術
    血液一滴から病気を診断。紙幣からコカインを検出。年代測定から生命の起源探索まで活躍する、分子をはかる力=質量分析法の威力。
プレゼント
  • 『妖の掟』誉田哲也・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/12/06~2022/12/13
    賞品 『妖の掟』誉田哲也・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る