本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
ビジネスからプライベートまで――歴史は面白くて役に立つ!

ビジネスからプライベートまで――歴史は面白くて役に立つ!

出口 治明

『歴史を活かす力』(出口 治明)

出典 : #文春新書
ジャンル : #ノンフィクション

『歴史を活かす力』(出口 治明)

 未来に何が起こるかは、本当にわからないものです。

 二〇二〇年は、新型コロナウイルス感染症の対策で世界中が明け暮れました。不幸なことに五五〇〇万人を超える人々が感染し、死者数は一三〇万人を超えました(二〇二〇年一一月現在)。数十億人の人が生活を制限され、各国の経済は大打撃を受けました。世界がこれだけの大惨事に見舞われると、一年前に予想できた人はどれだけいたでしょうか。ほぼゼロでしょう。人間は未来を予測できるほど賢くはないということです。

 不測の事態に直面したとき、私たちが参考にできるのは過去に起こった出来事しかありません。今回のコロナ禍でも、一四世紀の黒死病(ペスト)や一〇〇年前のスペイン風邪が話題になりました。「これはあのケースに近いかも」と考えることで思考や行動のヒントになるからです。逆に過去との違いを知ることも重要です。「その違いの理由はなんだろう」と考えることで、新たな発見につながることもある。未来が誰にも予測できない以上、私たちの唯一の教材は過去の出来事、即ち歴史しかないのです。

 二〇二〇年二月、僕が学長を務める立命館アジア太平洋大学(APU)で、新型コロナウイルスの対策が必要になったときに、まず頭を過ったのも歴史でした。人類と感染症の戦いや、当時のリーダーの決断力に思いを馳せながら、大学の方向性を決める際の参考にしました(その思考の過程は本書にも収録されています)。

 歴史を学ぶことの意義の一つは、このように予期せぬ出来事に遭遇した時、適応するため参考にする、即ち「歴史を活かす」ことにつきるだろうと僕は考えています。歴史を多く知れば知るほど、最適解にたどり着くヒントになるのです。

歴史を活かす力
人生に役立つ80のQ&A
出口治明

定価:本体860円+税発売日:2020年12月17日

ページの先頭へ戻る