本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【12/10 (土)12:15~】今井真実×大木亜希子「わたしたちの〈ご自愛〉レシピ」 #文藝春秋100周年フェス

【12/10 (土)12:15~】今井真実×大木亜希子「わたしたちの〈ご自愛〉レシピ」 #文藝春秋100周年フェス

「本の話」編集部

YouTube「本の話」チャンネルで生配信!

「作った人が嬉しくなる料理を」をモットーに、公開するたびにそのレシピが話題を呼んでいる今井真実さん。「人生に詰んだ」元アイドルにして、noteで発表した小説「シナプス」で悩める女子たちから圧倒的な共感を集めた大木亜希子さん。ともにnoteに等身大の姿を綴ってこられたお二人による、夢のコラボレーションが実現。

“お疲れ女子”大木さんのお悩みを解決する、今井さんのスペシャルレシピとは?

しんどい夜を救ってくれる〈ご自愛〉料理を一緒につくりましょう。noteキッチンスタジオからお届けします。

ご視聴はこちらから

 

開催概要

日時・場所 2022年12月10日(土)12:15~13:30
場所 YouTubeライブ「本の話チャンネル by文藝春秋」 
参加費 無料
主催 文藝春秋
問合せ 文藝春秋プロモーション部 pr@bunshun.co.jp
公式HP https://www.bunshun.co.jp/100th

 

登壇者プロフィール

今井真実(いまい・まみ)

料理家。
神戸市生まれ。「作った人が嬉しくなる料理を」という考えのもと、雑誌、Web媒体、企業広告などでレシピ製作を担当。noteで発信するレシピや日常を綴った文章が注目を集める。著書に『毎日のあたらしい料理 いつもの食材に「驚き」をひとさじ』、『いい日だった、と眠れるように 私のための私のごはん』がある。

 

 

大木亜希子(おおき・あきこ)

作家。
2005年、ドラマ「野ブタ。をプロデュース」で女優デビュー。10年、SDN48に加入。19年、私小説『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』が話題に。20年、短編小説「シナプス」をnoteに公開し、同世代女性たちから大きな共感を集める。22年、同小説を含む短篇集『シナプス』を刊行。ほかの著書に『アイドル、やめました。AKB48のセカンドキャリア』がある。

ご視聴はこちら

こちらもおすすめ
ページの先頭へ戻る