本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【12/10(土)17:45~】浅田次郎「消えゆく美しい日本語」#文藝春秋100周年フェス

【12/10(土)17:45~】浅田次郎「消えゆく美しい日本語」#文藝春秋100周年フェス

「本の話」編集部

YouTube「本の話」チャンネルで生配信


ジャンル : #歴史・時代小説 ,#ノンフィクション

日々、新しい言葉が生まれる一方で、忘れられ消えゆく言葉もあります。「一つの言葉が消えることは、一つの思想が消えること」と語る、文壇きっての名文家・浅田次郎が100年後に残したい、美しい日本語とは!?

花鳥風月を描写する豊かな表現や、複雑なニュアンスが端的に詰まった一語など、言葉を知れば伝えられる内容が深まり、コミュニケーションも充実するはず――日本語の達人が、言葉の楽しさ、美しさをユーモアを交えて語ります。

チャンネル登録・視聴はこちらから

 

開催概要

日時・場所 2022年12月10日(土)17:45~18:45
場所 YouTubeライブ「本の話」チャンネル
参加費 無料
主催 文藝春秋
問合せ 文藝春秋プロモーション部 pr@bunshun.co.jp
公式HP https://www.bunshun.co.jp/100th/

 

登壇者プロフィール

浅田次郎(あさだ・じろう)

1951年東京都生まれ。95年『地下鉄に乗って』で吉川英治文学新人賞、97年『鉄道員(ぽっぽや)』で直木賞、2000年『壬生義士伝』で柴田錬三郎賞、06年『お腹召しませ』で中央公論文芸賞、司馬遼太郎賞、08年『中原の虹』で吉川英治文学賞、10年『終わらざる夏』で毎日出版文化賞、16年『帰郷』で大佛次郎賞を受賞。15年、紫綬褒章受章。19年、菊池寛賞受賞。来年『大名倒産』が映画化、公開予定。

ご視聴はこちら

文春文庫
大名倒産 上
浅田次郎

定価:858円(税込)発売日:2022年09月01日

文春文庫
大名倒産 下
浅田次郎

定価:858円(税込)発売日:2022年09月01日

文春文庫
壬生義士伝 上
浅田次郎

定価:836円(税込)発売日:2002年09月03日

文春文庫
壬生義士伝 下
浅田次郎

定価:836円(税込)発売日:2002年09月03日

プレゼント
  • 『固結び』山本一力・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/01/27~2023/02/03
    賞品 『固結び』山本一力・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る