本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
日本アカデミー賞各賞が決定! 優秀脚本賞に選ばれた『シャイロックの子供たち』の脚本家・ツバキミチオの正体は……

日本アカデミー賞各賞が決定! 優秀脚本賞に選ばれた『シャイロックの子供たち』の脚本家・ツバキミチオの正体は……

「文春文庫」編集部


ジャンル : #小説

「ちょっと堺さんのことを…」初めて銀行員を演じた阿部サダヲの「倍返しだ」が“本家”とは違うところ〉から続く

 春を彩る風物詩、日本アカデミー賞授賞式が3月8日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で開かれた。

 今年で47回目を数えた日本アカデミー賞は、最優秀主演男優賞に役所広司(『PERFECT DAYS』)が選ばれ、高倉健に並ぶ史上最多4回目の受賞となった。

 また、昨年に続き安藤サクラが最優秀助演女優賞(『ゴジラ-1.0』)を受賞。さらに、続く最優秀主演女優賞(『怪物』)も受賞し、安藤は「まさかの展開に、声も出なくって……」とたじろいだ。

 最優秀作品賞には『ゴジラ-1.0』が輝き、脚本賞、助演女優賞ほか8部門で最優秀賞を受賞する結果となった。

阿部サダヲが明かした新人脚本家・ ツバキミチオとは……

 会場がどよめいたのは、『シャイロックの子供たち』で優秀主演男優賞を受賞した、阿部サダヲの発言だ。

 司会の羽鳥慎一アナウンサーから「今日会場で話を聞いてみたい方がいると伺ったのですが」と振られた阿部は、「脚本の池井戸さん……あ、ツバキミチオさんです」と言い淀みつつ、「原作が池井戸潤さんで、現場に何回かいらして。でも、今日受賞されたツバキさんが、どうも池井戸潤さんなんですよね……、現場に来ていた池井戸潤さんと同じ人だったんで」と、脚本を書いた“ツバキミチオ”が、実は原作者の池井戸潤であることを明かしたのだ。

 阿部サダヲに正体を明かされ、池井戸は「内緒なんですよ、それ。ばらしちゃダメじゃないですか(笑)。“不適切にもほどがある”よ」と阿部主演のドラマタイトルにかけて答え、観客席からは拍手が。「今まで原作ばかりだったので、脚本の方がいいなと思って。次もまた書きたいですね」と続け、会場を沸かせた。

 原作小説『シャイロックの子供たち』(文春文庫)は、メガバンクの小さな支店で起こった現金紛失事件を皮切りに、その裏に透ける行員たちの人間的葛藤を描く群像ミステリだ。

 タイトルにある「シャイロック」とは、シェイクスピアの戯曲『ヴェニスの商人』に登場する強欲な金貸しのこと。物語のなかで銀行員たちは、金をとるか、自らの信念を守るか、日々突き付けられながら、自らの生き方を模索していく。

 一方映画『シャイロックの子供たち』は、原作小説とは全く異なるオリジナルストーリー。100万円の現金紛失事件から、とてつもない不祥事が明らかになる。下町の行員らが、メガバンクを揺るがす巨額詐欺事件をめぐる闇を暴いていく。

 主演の阿部サダヲのほか、わきを固める上戸彩、柄本明、橋爪功、玉森裕太らが熱演。ミステリであり、社会派サスペンスともいえる映画に仕上がっている。

 池井戸潤が紡ぎだした小説と映画、ふたつの「シャイロックの子供たち」を楽しんでほしい。

ツバキミチオ氏=池井戸潤氏(撮影:小林司)

『シャイロックの子供たち』(文春文庫)
映画『シャイロックの子供たち』
文春文庫
シャイロックの子供たち
池井戸潤

定価:770円(税込)発売日:2008年11月07日

プレゼント
  • 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2024/5/17~2024/5/24
    賞品 『ロシア文学の教室』奈倉有里・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

提携メディア

ページの先頭へ戻る