作品紹介

1998年9月13日、中田英寿はセリエA開幕戦で王者ユベントスを相手に2ゴールをあげ、衝撃のデビューを果たした。
あれから20年――。自らがプレーしたイタリアの5クラブと全スタジアムを訪ね、チームメイトや旧友と再会し、自身の人生を辿る一大紀行。

文・金子達仁

目次
■Prologue プロローグ■
中田英寿との出会いと、20年目の旅

■Chapter1 PERUGIA 1998.7-2000.1■
ペルージャ 旅の始まり

■Chapter2 ROMA 2000.1-2001.6■
ローマ 栄光のとき

■Chapter3 PARMA 2001.7-2003.12■
パルマ 背番号10と葛藤の日々

■Chapter4 BOLOGNA 2004.1-2004.6■
ボローニャ 再出発

■Chapter5 FIORENTINA 2004.7-2005.8■
フィオレンティーナ 雌雄

■スペシャル対談■
中田英寿×バティストゥータ「サッカーは“言語”だ」

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

http://www.bunshun.co.jp/feedback/

映画・テレビ化情報一覧を見る