作品紹介

解明せよ! その毒物は何なのか? 黒煙はどう流れ被害者たちを襲ったのか? 閉じ込められた幼児はいつ窒息したのか? 科学捜査官第一号となり、日本の科学捜査の基礎を築いた著者が初めて明かした戦いの軌跡。

警視庁科学捜査官第1号となった著者は、全国の数々の難事件を背後から支えてきた。地下鉄サリン事件では最初にサリンを同定、サリンを生成したオウムの土谷正実と科学者として対峙し自供を引き出した。和歌山カレー事件では思わぬ場所からヒ素を発見、ルーシー・ブラックマン事件では暴行ビデオの解析から使用薬物を特定した。44人の死者を出した歌舞伎町ビル火災では、煙の流れを検証し、防火扉が閉まっていれば全ての命が助かったと結論、管理者の業務上過失致死傷罪立証に寄与した。知られざる科学捜査の真実が明かされる、まさに一気読み必至のドキュメントだ。

本書に登場する主な事件
地下鉄サリン事件 東電OL殺人事件 イラン人トランク詰め殺人事件 警視庁清和寮爆破事件 和歌山カレー事件 長崎・佐賀連続保険金殺人事件 国立療養所アジ化ナトリウム混入事件 奈良硫酸サルブタモール殺人未遂事件 ルーシー・ブラックマン事件 北陵クリニック薬物使用連続殺人・殺人未遂事件 世田谷一家4人殺害事件 新宿歌舞伎町ビル火災 川崎協同病院安楽死事件 東京駅コンビニ店長刺殺事件 福山市保険金目的放火・殺人事件 パロマガス湯沸器事故 大阪幼児死体遺棄・殺人事件 名張毒ぶどう酒再審請求 
目次
第1章 オウムの科学を解明せよ ~地下鉄サリン事件 
第2章 憧れの科学捜査研究所へ 
第3章 真の科学捜査とは何か ~和歌山カレー事件 
第4章 続発する薬物犯罪 ~ルーシー・ブラックマン事件 
第5章 現場の捜査に科学を生かす ~歌舞伎町ビル火災 
第6章 犯罪捜査支援室の初代室長となる ~東京駅コンビニ店長刺殺事件
第7章 警察庁出向から副署長へ ~大阪幼児死体遺棄・殺人事件
第8章 生きがいを求めて ~名張毒ぶどう酒事件再審請求 
あとがき


著者

服藤 恵三

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く

 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る