作品紹介

朝倉かすみ「よむよむかたる」、武田綾乃「世界が青くなったら」連載スタート

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

目次
◆連載スタート◆
・朝倉かすみ「よむよむかたる」
小樽の古民家カフェで開かれる〈坂の途中で本を読む会〉。本を読み、人生を語る、みんなの大切な時間。最年長九十一歳、最年少七十七歳、今日も賑やかに全員集合!

[はじまりのことば]
同好の士による「ちいさな集まり」を書いてみたかった。そこでは、本来の姿で語り合う人たちに出逢える気がするから

・武田綾乃「世界が青くなったら」
ある朝、大好きな彼の存在が消えていた。夢で招待される雑貨店、謎めいた店主、記憶の結晶……この不思議な世界の先で、彼とまた会うことはできるのだろうか
            
[はじまりのことば]
もしも時を戻す魔法が使えたら、もしも二度と会えないはずの相手に会えたら――私はどんな未来を選ぶのだろう?

◆インタビュー◆
作家の書き出し Vol.11 取材・構成 瀧井朝世
・呉勝浩「自分なりの『テロリストのパラソル』を書きたい――その決意の裏に秘めた積年の想いとは」

著者に訊く
・新川帆立『元彼の遺言状』
・櫻田智也『蟬かえる』

◆グラビア◆
・ひがしちか「アトリエ探訪 in八ヶ岳山麓」
日傘に魅せられ、独学でつくり始めて十年。長野に居を移し、鶏の声や滝の音に囲まれながら、制作にいそしむ日々

◆連載小説◆
・島本理生「星のように離れて雨のように散った」
私は向き合おうと思う。封印されたあの数日間の記憶と

・長浦京「アキレウスの背中」
怪我をして以来、本気で走ることから逃げてきた悠宇に監督が見せたものとは

・藤井太洋「オーグメンテッド・スカイ」
名門女子高生は、代理店主催の学生大会の欺瞞を指摘した

・相場英雄「マンモスの抜け殻」
犯行現場付近のカメラに映っていたのはなんと、あの男だった

・伊東潤「夜叉の都」
朝幕融和を目指す実朝は、後継に親王将軍の擁立を主張する

・澤村伊智「邪教の子」
「大地の民」に潜入した俺は、ついにあの女と対面する

・真藤順丈「ものがたりの賊(やから)」
危機に陥る翁と六条院。疫病対抗の鍵を握る媼とは何者か

・夢枕獏「ダライ・ラマの密使」
蓮姫の無事を知らしめるため、一行は王宮に戻ることに

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る