作品紹介

◆連載スタート◆
・冲方丁「マイ・リトル・ジェダイ」
不慮の事故にあった息子。意識不明のはずの彼から、オンラインゲーム内でメッセージが届いた。
再び元気な息子に会うために、不器用な父はゲームの世界へ飛び立つ

[はじまりのことば]
凜々しいキャラクターと、祈るようにその背中を見送る眼差し――ある父子のイメージが僕にこの物語を書かせた

・矢月秀作「幸福論」
突出した残虐行為で、かつて大分県警を震撼させた異常犯罪者・萩谷信。その狂気はいかにして生まれたのか?
“悪魔”と呼ばれた男の人生に、ひとりの若き刑事が迫る

[はじまりのことば]
《あいつは最期、幸福だったのか?》私が生み出した登場人物のなかで、この男の人生だけは探ってみたいと思っていた

◆特別掲載◆
・貫井徳郎「紙の梟 ハーシュソサエティ 」《前篇》
恋人が殺され、衝撃を受ける作曲家の笠間耕介。しかも亡くなった恋人には、自分に伏せていた秘密があったという

◆グラビア&インタビュー◆
・ゆっきゅん「DIVA Project」始動記念インタビュー
「ありのままで生きることを、全力で肯定したい」という、新世代アイドルの強烈なきらめきを全身に浴びるインタビュー

◆インタビュー◆
作家の書き出し Vol.14 取材・構成 瀧井朝世
・澤村伊智
読者への信頼と恐れが生み出した、悪魔的サプライズ。最旬ホラー作家が放つ、狂乱のサスペンス・スリラーについてたっぷり語ったロングインタビュー
    
著者に訊く
・珠川こおり『檸檬先生』
・芦花公園『異端の祝祭』

◆エッセイ◆
[Iの告白]
浅倉秋成「よくわからなくて面倒で就活」

◆連載小説◆
・有栖川有栖「捜査線上の夕映え」
もっとも怪しい人物“孔雀”とは何者なのか? ついにその正体が明らかに……火村英生シリーズ、最新作。

・一穂ミチ「光のとこにいてね」
家庭教師の言葉に揺らぐ結珠。その時、果遠がとった行動は

・木下昌輝「孤剣の涯て」
大坂では夏の陣が開戦。家康の危機に、武蔵は思わず……

・藤井太洋「オーグメンテッド・スカイ」
VRの世界大会「ビヨンド」に挑戦するため、マモルは雪田とチームを組んだ

・今村翔吾「海を破る者」
竹崎季長と組んだ六郎。はみ出し者たちの奇策とは?

・真藤順丈「ものがたりの賊(やから)」[最終回]
竹取の翁一党と崇徳院率いる破壊の軍勢、ついに最終決戦

◆短篇◆ 
・彩瀬まる「私たちの星」
茅乃を喪う日は、もっとずっと先のはずだった

おすすめ記事

※外部サイトへリンクしている場合もあります

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、https://www.bunshun.co.jp/contact/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

メディア関係者、図書館の皆様へ

ご希望のデータがダウンロードできない場合や、著者インタビューのご依頼、その他の本の紹介に関するお問合せは、直接プロモーション部へご連絡ください。

雑誌・書籍の内容に関するご意見、書籍・記事・写真等の転載、朗読、二次利用などに関するお問合せ、その他については「文藝春秋へのお問合せ」をご覧ください。

https://www.bunshun.co.jp/contact/

映画・テレビ化情報一覧を見る