書評

数学を学ぶ2つの秘訣

文: 柳谷 晃 (数学者)

『数学はなぜ生まれたのか?』 (柳谷晃 著)

数学は生活に直結していた

 では、それがわかる人はどこにいるのでしょうか。王様か王様の側にいます。この人が、そろそろ、洪水が来てそれが引けば、土地が豊かになっていて種を蒔く時期だとわかります。洪水が起こる川はナイル川であったり、黄河だったりするわけです。この地位の高い人を仮に宰相と呼んでおきましょう。

 宰相は魔法で、洪水の時期がわかるのでしょうか。魔法は効くときと効かないときがあります。当てになりません。では当てになるのは何でしょう。季節を知ることです。ならば、太陽の位置です。春分点や秋分点がわかる必要があります。そのためには、地面に垂直な棒が作る影の長さを使います。垂直に棒を立てる。このときピタゴラスの定理が必要です。辺の長さが、3:4:5の直角三角形が必要になるのです。ということは、ピタゴラスが生まれるずっと以前から、ピタゴラスの定理を知っていた人たちがいたことになります。

 このように、数学は社会の要請に応えて生まれました。当たり前に使っている数字さえ最初からあるわけではありません。教科書に載っている三角比、2次方程式、微分積分などが、なぜ必要だったのか。それらがどのように生まれてきたのかを、解き明かそうとしたのが本書です。

 古代の人は生活と言うより命、生きていくことに、数学が直結しています。そして、それは現代社会でも変りません。ですから、数学は今でも存在しています。人間の生活が進歩すると同時に数学も発展してきました。数学が難しくなると、大切なのに、だれもその重要性を理解しなくなります。古代の人も、多くの人は春分の日がわかって種を蒔く時期を決める人を魔法を使っていると思ったでしょう。古代人は恐れると同時に尊敬をしたはずです。

 教科書の中に出てくる、簡単に見えることでも、昔の人の生活に結びついて、多くの人の工夫でできあがったことです。なぜその定理が数学にあるのかを、考えれば、習うことに対して素直になり、作ってくれた多くの人に対して感謝の心を持ちます。素直になれば繰り返し練習をし、感謝があれば大切にします。この2つを忘れると、数学は使えるようになりません。この本から、「素直」さと「感謝」の大切さが伝わればと考えています。現代は多くの難しい理論を使って人の生活が成立しています。古代の人が苦労をして垂直な棒を立てることを尊敬しません。ばかばかしく思えるでしょう。しかし、自分がそれをできますか。便利な物を作り続けて人間は大切な能力を忘れてきました。そこに科学に対する過信が生まれ、使いこなせない物を使えると思い込みます。素直さと感謝は、その危険性を思い出させる大切な役割もあります。

数学はなぜ生まれたのか?
柳谷晃・著

定価:730円+税 発売日:2014年04月21日

詳しい内容はこちら