本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「危うし、夫の面子」と夫・正彦氏もたじろぐ、藤原夫人のセキララかつ心温まるエッセイ集

「危うし、夫の面子」と夫・正彦氏もたじろぐ、藤原夫人のセキララかつ心温まるエッセイ集

文:藤原正彦

『藤原家のたからもの』(藤原美子 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #随筆・コミックエッセイ

『藤原家のたからもの』(藤原美子 著)

 女房の何冊目かのエッセイ集だ。すべて読んでいるが、本が出るたびに上手くなっている。女房は父、母、祖父と理系ばかりの家で育ったせいか、新婚の頃はほとんど文章らしい文章が書けなかった。私の原稿を編集者に出す前に、最初の読者として読んでもらっても、送り仮名や漢字の間違いを指摘する程度で、批評らしきものは期待できなかった。せいぜい「なんか面白くない」くらいの感想であった。それがどうだろう、十数年ほど私の原稿の精読を強制されているうちに、見事に本質をついた批評をするようになった。それどころか「ここはこう書いた方がいいんじゃない」と私にアドバイスさえする。しかも、それらの八割は成程というものである。

文春文庫
藤原家のたからもの
藤原美子

定価:880円(税込)発売日:2019年02月08日

プレゼント
  • 『墜落』真山仁・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/6/24~2022/7/1
    賞品 『墜落』真山仁・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る