2015.11.11 インタビュー・対談

脇役俳優・亀岡拓次には、自分も5割くらい入っていますね――戌井昭人さんインタビュー(前編)

聞き手: 「本の話」編集部

『俳優・亀岡拓次』『のろい男 俳優・亀岡拓次』 (戌井昭人 著)

脇役俳優・亀岡拓次には、自分も5割くらい入っていますね――戌井昭人さんインタビュー(前編)<br />

川端康成賞作家・戌井昭人さんがゆるーく描いた、脇役俳優の酒と仕事と恋の日々。『俳優・亀岡拓次』(文春文庫)、続編『のろい男――俳優・亀岡拓次』(単行本)が相次いで発売されます。新春の映画公開を前に、亀岡ってどんな男なのか、生みの親である戌井さんに聞いてきました。

『俳優・亀岡拓次』 (戌井昭人 著)

――亀岡拓次は、映画の脇役に重宝される職業俳優。色黒で、目はいつも眠たそう。恋人なし、貯金なし、趣味はオートバイ。サウナと、居酒屋やスナックで飲むのが好き。……どことなく、戌井さんに似ていませんか?

 はい、自分も5割くらい入っていますね。役者の友達の宇野(祥平)くんや、バイク好きのマンガ家・東陽片岡さんのエピソードも混ざっています。自分が行った場所の話を書いてみたかった。そいつは何者なんだ、ただの旅人じゃつまらない、じゃあ俳優にしてみよう、と。殿山泰司に、『三文役者』シリーズがあるじゃないですか。女と会ったり、放浪したりするエッセイ。それをかなり意識しました。

――亀岡は惚れっぽいのに独身です。モテそうなのに……。

戌井昭人さん

 そこにどうしようもなさを背負わせたくて。あと、出会いが自由じゃないですか。いかがわしいことをしても、後ろめたさがなく、すっきりさせたいな、と思っていました。恋愛にハマらない、かろやかな間抜けにしたかったので。

――そんな自由さの象徴が、バイクです。愛車は『俳優・亀岡拓次』では中古のカワサキGPZ900R。『のろい男』の最後では、新車ZRX1200。お好きなバイクですか。

 GPZは僕が乗りたいな、ほしいなと思っていたバイク。ツーリングに行ける、ゆったり乗れる、大人の大きいバイクです。カワサキがいいな、と思ってました。

――亀岡はいい加減なようでいて、とてもまっとうな倫理観、ポリシーを持っています。『のろい男』で、亀岡のウエストのサイズを測っては、プロフィールの数字と違うとイヤミを言う衣裳のおばさんにぶつける怒りも、まっとうですよね。

 ギチギチになって、自分のスタイルを押し付ける人っているじゃないですか。「職人ぶる」人。それが苦手なんでしょうね。本当に素晴らしい人には、余裕がある。亀岡自身もそうだから、余裕がない人にガンガン来られると、腹が立っちゃうんです。

――余裕のある人とそうでない人。違いは、どこにあるんでしょう。

 本人の安定感ですよね。亀岡がおっさんになってもツーリングしているのは、東陽片岡さんがモデルなんです。東陽さんって、訳わかんないマンガも描いておられますけど、人間としての安定感がある。自分のことをちゃんとわかっていて、浮わついたりしない。亀岡にも、ふらふらしているようでも、実はちゃんと安定している人の感じを出したいなと思いました。僕自身もそうありたいですね。

【次ページ】

俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体680円+税 発売日:2015年11月10日

詳しい内容はこちら

のろい男 俳優・亀岡拓次
戌井昭人・著

定価:本体1,350円+税 発売日:2015年11月14日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
インタビュー・対談『カッコーの巣の上で』のジャック・ニコルソンに衝撃を受けて――戌井昭人さんインタビュー(後編)(2015.11.12)
書評愛すべき“ぷらぷら人間”亀岡さん。僕が映画出演を即決した理由。(2015.11.13)
書評あまりにも大きな存在だった中村勘三郎さん。終生忘れられない、面影とその思い出(2015.10.22)
書評57歳で、歴史上の名優となった中村屋 一級品のエピソードを語る伝説の集大成(2015.10.21)
インタビュー・対談著者インタビュー 奈良橋陽子 「キャスティングはマジック。新しい才能と出会うとワクワクします」(2014.09.20)
書評破格のスター、“世界のミフネ”の素顔(2014.01.17)
書評私が知っている吉川圭三という男(2014.06.26)