2005.06.20 インタビュー・対談

天国のような喜劇の世界
笑いの天才P・G・ウッドハウス
岩永正勝×小山太一

聞き手: 「本の話」編集部

『ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻』 (P・G・ウッドハウス 著/岩永正勝 小山太一 編訳)

イーヴリン・ウォーや吉田健一も愛したユーモア小説の巨匠P・G・ウッドハウス。世界で百年にわたり読まれ続けるその主要作品を収める戦後初の選集の刊行が開始されました。第1巻は完全無欠の従僕ジーヴズを描く『ジーヴズの事件簿』。編訳者二人が語るその魅力とは?
岩永正勝(いわなが・まさかつ)
1940年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒業。ロンドン在勤中にウッドハウス作品に出会い、中毒となる。現在、日本人で唯一の英国P・G・ウッドハウス協会会員。訳書にブリット・ヒューム『ボス』(毎日新聞社)。
小山太一(こやま・たいち)
1974年生まれ。英国ケント大学英文科博士課程修了。イーヴリン・ウォーら、30年代以降の英国喜劇小説の研究過程で避け得ない存在としてウッドハウスに出会う。訳書にイアン・マキューアン『贖罪』(新潮社)など。

『ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻』 (P・G・ウッドハウス 著/岩永正勝 小山太一 編訳)

岩永 ウッドハウスの本は『聖書』の次に売れているという人がいるんですよ。

小山 あり得ることですが、でもシャーロック・ホームズも抜いていると?

岩永 作品数がホームズより多いから。僕もおおよそ全部、読んだつもりなんですが、ストーリーがほとんど同じなんで、こんがらがっちゃう。だからこうして帳面につけたりして(笑)。

小山 ウッドハウスの小説世界には「偉大なるワンパターン」というようなところがあって、そのあたりはミュージカル・コメディに近いかもしれませんね。それも三〇年代のフレッド・アステアとジンジャー・ロジャースのあの呼吸。

岩永 実際、ウッドハウスはミュージカルの仕事をしているでしょう。いちばん有名なのは映画《ショウボート》の「ビル」という歌の作詞です。

小山 もしかすると、アステアとロジャースの映画の原作がウッドハウスだったりして(笑)。

岩永 ウッドハウスという人は四六時中、プロットを考えてるんですよね。筋を練りに練って練りに練って、その上にユーモアの肉付けをしていく。

小山 しかも何度も書き直して。ウッドハウスの文体は、英語の散文のいきつくところまでいった形であるというのは、間違いないと思います。

岩永 長編になると本当に綿密に組み立てられているのがはっきりわかりますね。

小山 短編でもそう。それも二回、三回読まないとそれとわからせないという、そのあたりが作者の粋なんですね。

岩永 さらっと読み飛ばして、あとになって、待てよ、と思って読み返してみると、やっぱり伏線があった、とニヤリとするような。

【次ページ】ジーヴズとバーティ

ジーヴズの事件簿 才智縦横の巻
P・G・ウッドハウス・著/岩永正勝 小山太一・編訳

定価:本体552円+税 発売日:2011年05月10日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評心の力みの抜けるウッドハウスの小説(2011.06.20)
文春写真館吉田健一の『食うために生きる』(2010.04.12)
インタビュー・対談天国のような喜劇の世界 笑いの天才P・G・ウッドハウス 岩永正勝×小山太一(2005.06.20)
書評名作がいっぱい 文春文庫の海外ミステリを振り返る(2014.04.23)