インタビューほか

一度は可能性ゼロに近づいたオバマ大統領広島訪問。悲願実現の舞台裏に迫る

「本の話」編集部

『オバマへの手紙 ヒロシマ訪問秘録』 (三山秀昭 著)

 5月27日、アメリカの現職最高指導者のバラク・オバマ大統領が、被爆地・ヒロシマを訪問した。もちろん前例のないことで、まさに歴史上の画期的なエポックであった。  ただ、オバマ大統領のあの文明論的なスピーチと、米兵被爆死者の調査を続けてきた森重昭さんとの抱擁シーンは誰もが覚えているが、どんなプロセスで、あの歴史的訪問が実現したのか、となると、誰も知らないのではないか。日米政府ともその経緯は明らかにしていないし、今後もしないだろう。  本書は、この歴史的訪問の実現を水面下で動かした現地メディア社長が、日本政府、ホワイトハウス内部、広島市、広島県に食い込んでウォッチした、秘話満載のインサイドドキュメントである。

――3回目の訪日(2014年4月)まで間が空きましたね。2014年というと安倍政権になっていました。

 そうです。12年12月の総選挙の結果、自民党が政権に復帰、安倍内閣が誕生しました。そして翌年12月に安倍首相は自らの信念として靖国神社参拝に踏み切ります。参拝に先立ち、側近の補佐官をワシントンに送り、地ならしを試みました。国務省高官は「参拝すれば日米関係に影響する」と釘を刺し、その理由として「オバマ政権のリバランス政策で日本、中国、韓国、東南アジア重視に転換している時に中国、韓国が最も嫌う靖国参拝はまずい」と解説しています。しかし、暮れも押し迫った12月25日、安倍首相は米側の意向を無視する形で参拝しました。これにはホワイトハウスが激怒、「disappointed」(失望した)と極めて強い調子の声明を発表しました。また、中国、韓国も予想通り激しく反発しました。このため、オバマ大統領の訪日は2014年4月まで待たなければならず、14年の訪日も国賓にも関わらず、ミシェル夫人は同行しませんでした。1カ月前の3月にミシェル夫人が2人の子供を連れて北京を訪問、習近平夫妻と会っているのと好対照でした。大統領も訪日後、韓国、その後中国を訪問して東アジアの融和に努めました。中国、韓国は「日本は広島、長崎の被爆を通じて戦争の被害面だけを強調し、加害部分を覆い隠そうとしている」と、大統領の被爆地訪問に不快感を隠さない状況下で、オバマ大統領の広島訪問の可能性は限りなくゼロになりました。

 これを打開できたのが、2015年4月の安倍首相の米議会上下両院合同会議での日本の首相としては初めての演説でした。「希望の同盟へ」と題する演説で、かつて「熾烈に戦い合った敵は心の紐帯が結ぶ友になった」と硫黄島の日米決戦のエピソードに触れ、議場はスタンディングオベイションに包まれ、「和解の演出」としてはかなりのものでした。一方で、地道な外交努力により、日中韓も次第に軟化の兆しが見え、首脳会談も行われるようになり、ようやくオバマの広島訪問の素地が復活したのです。

 このようにオバマ大統領の歴史的な被爆地・広島訪問は、単に「核」というアングルだけではなく、日米同盟関係、国際情勢、とりわけ東アジア情勢というベクトルと無関係に実現したのではないと考えています。

慰霊碑に献花するキャロライン・ケネディ駐日米国大使(2015.4.17)

――お話をうかがってみると、三山さんが、裏方として、この歴史的訪問を動かしたわけですね。

 いや、それは違います。この本の出版にも実は躊躇しました。「手柄話」と受け取られるのがイヤだったのです。しかし、ある人から「オバマ訪問の裏に何があったのか事実は書き残すべきだ」と言われ、書きました。

 勘違いしてはならないのは、あくまで決断したのはオバマ自身、大統領に決断させた最大の功労者は亡き父J・F・ケネディ大統領の遺志を引き継ぐキャロライン・ケネディ大使、政治的に組み上げたのはジョン・ケリー国務長官と、被爆地出身の岸田文雄外相を合わせた「三人のK」です。

 広島テレビによる「オバマへの手紙」は被爆者や市民とホワイトハウスを仲介しただけで、その意味、私、そして私たち広島テレビはmedium(仲介、媒介する)の複数形であるmedia(メディア)の役割の一端に関与しただけです。

三山秀昭(みやま・ひであき)

三山秀昭

1946年富山県生まれ。早稲田大学を卒業、読売新聞社入社、千葉支局を経て政治部、レーガン政権の1、2期の間、ワシントン特派員。社長室秘書部長、編集局政治部長。秘書役、経理局長、読売テレビなどを経て、2011年より広島テレビ放送社長。小泉内閣時代に政府税制調査会委員も。著書に、『世界最古の日本国憲法』(潮書房光人社)、共著に『日本と世界これからどうなる』、『十年後の衝撃』(ともにPHP研究所)、『平成改元』、『日本安保三十年』(ともに行研出版局)、『ゴルバチョフのソ連』、『政 まつりごと』(ともに読売新聞社)など。論壇誌への寄稿多数。

オバマへの手紙 ヒロシマ訪問秘録
三山秀昭・著

定価:本体780円+税 発売日:2016年09月21日

詳しい内容はこちら