特集

畠中恵「まんまこと」がドラマ化。
福士誠治、桐山漣、趙珉和演じる
悪友三人組が江戸・神田で大活躍!

木曜時代劇 まんまこと ~麻之助裁定帳~

NHK総合 2015年7月16日~9月24日
毎週木曜 午後8:00~8:43 放送予定

【出演】
福士誠治 南沢奈央
市川由衣 桐山 漣 趙 珉和 竹下景子
高橋英樹 ほか

【原作】
『まんまこと』『こいしり』『こいわすれ』『ときぐすり』(文春文庫)

番組公式HPはこちら >>

原作者・畠中 恵さんに聞く

――100万部を突破した「まんまこと」シリーズですが、6月に発売された『ときぐすり』で5巻目となりました。

畠中 第1話目の「まんまこと」の連載が『オール読物』ではじまったのは、2005年の7月号でしたから、ちょうど10年目ですね。実際の年月と小説では時間の流れはもちろん違いますが、その間に主人公の麻之助はお嫁さん(お寿ず)をもらい、そのかけがえのない妻を亡くしてしまいました。同じ歳月の間には清十郎と吉五郎という2人の悪友たちにも、それぞれの人生があったわけで、『まったなし』では、まず清十郎の話――色男でめっぽうもてる彼ですが、亡き父親の跡を継いで町名主の務めを果たす上で、どうしても必要な嫁取りを巡るお話になりました。清十郎がどんな女性を果たして選ぶのか? 実は作者としても意外なタイプだったのですが(笑)、ぜひお読みいただければと思います。

――さて、7月からはいよいよドラマもはじまります。

畠中 舞台でもテレビでも、自分の書いたものが他のメディアになる時には、書籍とはまた別の魅力が出てくるものだと思います。一視聴者として、どんなドラマになるのか大いに期待しているところです。

――実際に撮影ロケにも見学に行かれたとか?

畠中 茨城県つくばにある「ワープステーション江戸」で屋外ロケが行われていて、5月半ばにお邪魔した時には、ちょうど2回目の「万年、青いやつ」と5話目の「こいしり」の撮影中でした。現場はすごく活気がありましたし、麻之助、清十郎、吉五郎を演じている3人の俳優の方は並んでいるのを見ると、思わず「格好いい!」と声に出してしまう……本当にみなさんイケメンですよ(笑)。小道具や衣装にもそれぞれ細かい工夫が凝らされているし、従来の時代劇の型に収まりきらない新鮮さをすごく感じました。沢山の方にドラマの「まんまこと」も楽しんでいただきたいです。

【次ページ】ドラマ撮影現場の様子

まったなし
畠中 恵・著

定価:本体1,300円+税 発売日:2015年06月12日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評寝ても覚めても「まんまこと」のことばかり考えている(2015.07.10)
書評ウソがまことに、まことがウソに(2014.05.08)
インタビューほか傷心と喪失の"その後"を 生きるために(2013.05.28)
インタビューほか「まんまこと」シリーズ中 最大の変化を起こしたわけは(2011.09.20)
インタビューほか変わらぬ庶民の悩みと江戸情緒(2009.03.20)