書評

武家のアイデンティティ・クライシス

文: 青山 文平

『かけおちる』 (青山文平 著)

 時代は、武家に、確固たる居場所を用意してくれません。それぞれが武家とはいかなる存在なのかを突き詰めて、日々を編んでゆかなければなりません。そのもがく姿に、人の地肌が浮かび上がります。そして、その姿は、じっと動かぬ、いまという時代と格闘する、私たちの姿とも重なるのです。

 ひとことで言うのなら、私が書いている時代小説というのは、そういう物語です。

 時代小説を書き始めたときから、それを意識していたかと問われれば、私は意識していたと答えます。ですが、いまのように、クリアになっていたわけではありません。

 天明期(一七八一~一七八九)の「白樫の樹の下で」を書き、寛政期(一七八九~一八〇一)の「かけおちる」を書き、安永期(一七七二~一七八一)の「流水浮木」を書き、そして宝暦期(一七五一~一七六四)の「鬼はもとより」を書いていく過程で、定まっていきました。短編集の「約定」では文化期(一八〇四~一八一八)まで広げて、この方向性の可能性を探ってもいます。

 そういうことですので、節目としては、二作目の、この「かけおちる」が大きいのかもしれません。天明につづいて寛政を扱ったことで、ああ、きっと自分は、もういいと得心するまで、十八世紀後半の江戸と付き合っていくのだろうと思いました。

 そのとき、ちょっとしんどくなるなとも感じました。なにしろ、年表的にはほとんど動きのない時代です。これといった事件があるわけではありません。すべからくドラマには落差が不可欠なので、素材選びが難航して当り前になるのです。

 建築家のミース・ファン・デル・ローエも信奉したという、“神は細部に宿る”という至言を信じて、資料の山を当たり、落差が凝縮されている、細部に本質が宿っている素材を探しまくることになります。微小な球のなかに、宇宙が詰まっているような素材です。もちろん、そんな素材は滅多に見つかるものではありません。以来、日々のあらかたは、素材探しに呻吟して費やされています。でも、なんとか踏ん張って、もう降参というところまで、このやり方をつづけていくつもりです。

 どうぞ、よろしく、お願い申し上げます。

  二〇一五年一月

(「後書き」より)

かけおちる
青山文平・著

定価:本体610円+税 発売日:2015年03月10日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
書評妻はなぜ駆け落ちをしたのか?(2012.07.11)
書評青山文平という可能性……… 『白樫の樹の下で』から『かけおちる』へ(2012.06.21)
書評小説を書くということは人を書くこと(2011.06.20)