2015.06.26 インタビューほか

ものづくり大国の実態を技術者の目線から

「本の話」編集部

『リヴィジョンA』 (未須本有生 著)

ものづくり大国の実態を技術者の目線から

『リヴィジョンA』(未須本有生 著)文庫になりました

 自衛隊機の墜落事故から始まった一連の事件をスリリングに描いた『推定脅威』で第21回松本清張賞を受賞した未須本有生さん。元技術者の経験を活かしたリアルすぎる描写が高い支持を集め、受賞作はスマッシュヒット。待望の第二作は、前回よりもさらに戦闘機設計の内幕に迫るものとなった。

「日本にはものをつくっている側の人間の話というのがほとんどない、ということはかねてから思っていました。戦闘機が出てくる小説であっても、それを戦争で使うとか、自衛隊が使うとか、すごいテクニックを持った誰かが使うとか、あくまで視点はユーザー側です。

 しかし、優れたマシンがそこに存在するということは、それを創った誰かがいるということ。誰かがそのマシンをつくることを提案し、それを具現化するための技術が培われ、その技術を活かすためにさらにまた誰かが動き……と気の遠くなるほどの過程があり、多くの人が関わっています。現在のフィクション小説では、その過程がすべて抜けて、突然最新型の何かがポンと出てくる。技術者としては、そこにやっぱり違和感がありました」

 ただものづくりの現場を描いた、というだけではない。著者は「大手メーカー勤務」という経歴を活かし、防衛省からの発注を勝ち取る過程、ライバル企業との駆け引きや官民のやりとりを細部まで文章にしている。

「防衛省とのやりとりをメーカー側から書く人はこれまでいなかったのではないでしょうか……。まず会社にいる間は守秘義務がありますし、なにより忙しいので書けない。さらに製造業では終身雇用の体質がまだ生きているので、退職したあと他の仕事を新たに始める人は少ないですから。私みたいに途中で会社を辞めて、生活に困窮し、なんとか自分の持てる札でなんかこう、新しいことをやれないかと思ったときに、やっとその経験を文章にする気になるわけです(笑)」

【次ページ】



こちらもおすすめ
書評舞台は、戦闘機開発の最前線! 高度なものづくりを描く<お仕事小説>(2018.06.25)
特設サイト文藝春秋のミステリー ラインアップ2014(2014.12.16)
書評技術者への回顧と操縦者への憧憬(2014.07.10)
書評風の立った場所(2013.08.27)
書評『クラッシャーズ』解説(2013.07.24)
書評証言で綴る日本のものづくりのDNA(2011.08.20)
書評戦闘機乗りたちのサーガ(2011.05.20)
リヴィジョンA未須本有生

定価:本体840円+税発売日:2018年06月08日