書評

リピートしたのは誰?

文: 黒田 研二 (ミステリ作家)

『リピート』 (乾くるみ 著)

 現在の記憶はそのままに過去へ戻り、もう一度自分の人生をやり直すことができるとしたら、今度こそ最高の幸せをつかめると思いませんか? 夢物語ではありませんよ。本当に、時間旅行が可能なんです。どうです? 私と一緒に出かけてみませんか?

 もしもそんな誘いを受けたなら、うさんくさいと思いながらも、たいていの人間は心動かされるのではないだろうか。

 これまでの人生を完璧に生きてきた人間なんて、おそらくほとんどいないはず。あのとき、ああしておけばよかったといまだに後悔してやまない出来事を、『リプレイ』(ケン・グリムウッド著)の主人公であるジェフのように、いともたやすく修復できたとすれば、これほど素晴らしいことはない。

 しかし当然ながら、その時間旅行には大きなデメリットも存在する。一度過去に赴いたら、二度と現在へは帰ってこられないという点だ。現在の記憶を維持したまま子供時代の生活を続けたら、様々な場面でとんだ苦難を強いられそうである。同級生とは趣味も嗜好も違うだろうから、浮いた存在となることは目に見えている。酒も煙草も我慢しなくてはならないし、ほしいものがあってもすぐには手に入らない。柔軟性を失った脳味噌で受験にも挑まなければならず……どうやら、それほど明るい未来は待ち受けてなさそうだ。

 だが、戻れる先が十ヵ月前に限定されているとしたらどうだろう?

 もちろん、ジェフのような波瀾万丈な人生は望めない。たかが十ヵ月で、自分の人生が大きく変わることはまずあり得ないだろう。せいぜい、日常のささいなミスを回避するくらいが関の山。競馬で儲ける程度の冒険ならできるかもしれないが、それだって派手にやり過ぎれば、とんだトラブルにも発展しかねない。結局たいしたメリットはないように思えるが、しかし十ヵ月経てば現在に戻ってこられるのだから、デメリットも少なそうである。これくらいなら、気軽に人生のやり直しを楽しむことができるかもしれない。

 さて、十ヵ月前に戻ることができたとしたら、あなたは一体なにをするだろう?

           ※

 今年の春、『イニシエーション・ラブ』(原書房)で本格ミステリ界の話題をさらった乾(いぬい)くるみが、あれから半年しか経っていないというのに、またもや新作を発表する。それが先に記した「記憶を維持したまま、十ヵ月前の世界へタイムスリップした人々」の物語だ。

 就職先も決まり、今は卒論の制作に追われている大学生・毛利圭介は、「十ヵ月前の世界に繋がるワームホールをくぐって、未来からやって来た」という男――風間に誘われ、半信半疑ながらも、時間旅行のツアーに参加することを決める。ツアー参加者は、ガイド役である風間を含め全部で十名。風間の言葉どおり、ワームホールをくぐり抜けて十ヵ月前の世界にやって来た彼らだったが、まもなくして、参加者が一人ずつ不審な死を遂げ始める……。

【次ページ】

リピート
乾くるみ・著

定価:本体780円+税 発売日:2007年11月09日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
特設サイト文藝春秋のミステリー ラインアップ2014(2014.12.16)
書評高校生が選んだ「文春文庫」人気作品ベスト30(2013.11.13)
書評迷宮入り事件がモデルの本格ミステリ(2011.11.28)