2015.11.18 書評

軽やかである、ということ

文: 瀧井 朝世 (ライター)

『余命1年のスタリオン』 (石田衣良 著)

『余命1年のスタリオン』 (石田衣良 著)

 小早川当馬。職業:俳優。年齢:三十五歳。本名:早川健彦。出身地:新潟県。経歴:学生時代に第一回スタリオンボーイコンテストでグランプリを受賞してモデルとしてデビュー。その後俳優として活動を始め、代表作に舞台「氷河期に生まれて」「七人の怒れる女たち」、テレビドラマ「眠れぬ夜の御伽噺」など。キャッチフレーズ:種馬王子。余命:一年。

 

 人気俳優の最後の挑戦を追った『余命1年のスタリオン』は学芸通信社の配信で新聞七紙に連載されたのち、二〇一三年五月に単行本として刊行。本書はその文庫化作品だ。がんを患っている主人公とくれば、壮絶な闘病記や最後の日々を感動的に描いていると思われるかもしれない。いや、確かに辛い場面もあれば涙&感動の展開も待っているのだけれども、本作には独特の軽やかさがある。石田さんならでは、とつくづく思う。

 ではその軽やかさの秘密は何か。総括して言えば、最期に向かって閉じていく話ではなく、開いていく話となっているからだ。

 まず挙げられるのが、当馬のキャラクターである。傍から見れば華やかな芸能界で、下半身ジョークが得意な種馬キャラとして人気を博している人物が本作の主人公だ。さらには残りの人生をかけて作ろうとする主演映画がラブコメディであったりと、深刻さを削ぎ落すかのような設定。あえて軽さを出そうとする意図があるのかもしれないが、しかし、決してそれだけではない。どんなに華やかで陽気な人物にも死は訪れるものであるし、どんなに明るく喜劇的な作品であろうと、その裏には作り手たちの真摯な情熱があることも、本書はきちんと描いている。深刻で重厚で真面目なものだけが崇高なのではない、と教えてくれているのだ。

 

 たとえば、難治性のがんと診断され、一年後の生存率は五〇%だと言われたら、自分だったらどうするか。私がまず思い浮かべるのは身辺整理だ。具体的に身の回りの品々を片付け、抱えている仕事に徐々に区切りをつけ、会いたい人たちに会っておく。それくらいだ。だが、小早川当馬はまったく違う。彼は余命を知ってから、残りの人生で何が残せるのかを考え、新しいことに挑戦する。なんて生産的かつ前向きな姿勢!

【次ページ】

余命1年のスタリオン 上
石田衣良・著

定価:本体570円+税 発売日:2015年11月10日

詳しい内容はこちら

余命1年のスタリオン 下
石田衣良・著

定価:本体570円+税 発売日:2015年11月10日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
インタビュー・対談人気俳優が余命1年にかけた人生の証(2013.05.13)
特設サイト石田衣良 IWGP 池袋ウエストゲートパーク(2010.12.17)
書評IWGPは私たちの物語だ(2014.09.10)
書評一番新しい時代の風を小説に 大人気シリーズ再始動(2014.07.15)
書評二十一世紀最初のデケイドのレポート(2003.11.20)
インタビュー・対談〈特集〉石田衣良@アキハバラ おたく人生を全うするのも悪くない 五條瑛×石田衣良(2004.11.20)
書評〈特集〉石田衣良@アキハバラ 『ブルータワー』そして『アキハバラ@DEEP』(2004.11.20)
書評経済的安定かロマンスか? 二つの「婚活」(2015.02.10)
書評『カンタ』解説 (2014.05.09)
書評『夜を守る』解説(2014.02.07)
特設サイト石田衣良 『シューカツ!』(2008.10.10)
インタビュー・対談成功しても、失敗しても(2008.09.20)