インタビューほか

面白くて美味しかった!
小林カツ代とっておきレシピ復活

語り: 本田 明子 (料理家)

『小林カツ代のお料理入門』 (小林カツ代 著)

家庭料理のカリスマ、小林カツ代さんが亡くなられて1年。NHK「きょうの料理」の特集やムック、文庫の刊行など、再びブーム到来の兆しが。文春新書新刊『小林カツ代のお料理入門』にご協力くださった、弟子であり料理家の本田明子さんにカツ代さんの思い出を語っていただきました(聞き手:「本の話」編集部)。

――カツ代さんの書かれた料理本は230冊以上だそうですね。

本田 170冊までは、きっちりカウントしていたのですが、共著なども多く、それ以降は正確な数を把握するのをあきらめました(笑)。

 その中でこの本は、ひとり暮らしの視点から書かれていることが特徴だと思います。子どもたちが独立し、初めてひとり暮らしをするようになり、自分のために作るごはんの楽しさに目覚めたときに作られた本なので。

「発見! ひとりすき焼きって、美味しいの知ってた?」と嬉しそうにしていました。主婦って、すき焼きをしても家族の世話で忙しく、自分がゆっくり食べることはできませんよね。「ひとりすき焼き」だったら、誰からも邪魔されず自分のペースで美味しく味わいながら食べられる。ひとり分でも太い葱一本を刻み、しっかり焼き目をつけるのがコツ。

「もやしあんかけラーメン」も、おすすめです。インスタントラーメンで、もやし一袋まるごと美味しく食べられちゃう。今回、作ってみて、よくこんなの思いついたものだと感心しました。もやしにスープの素半分と砂糖少しを混ぜてあんかけにするのがコツなんです。

「ひとりでごはん」の楽しさを堪能する「ひとりすき焼き」 写真:添田明也

――表紙のオムライスもレシピどおり作ったら失敗なくできました。

本田 ケチャップ味のチキンライスが実に簡単に美味しくできる。こんなやり方は、他にあまりないと思います。鶏肉をあらかじめ茹でておくのがコツです。もう一つの大切なコツは、ぜひ本で読んでください(笑)。

 そう、プロの料理人って「コツは見て盗め」と言われ、何も教えてくれないことが多いと聞きます。でも、小林は入ったその日からコツを教えてくれる人でした。「美味しい料理に修業年数はいらない。コツと技術が大事」というのが持論でしたね。

チキンライスが簡単にできる「オムライス」 写真:添田明也

――結婚した当初、初めて作った味噌汁が、お湯に味噌を溶いただけだったというのは、カツ代神話になっていますが。

本田 そうなんです。わからないところがあると、しょっちゅう大阪のお母さんに電話して聞いていたそうです。お母さんが料理上手で、本人も「美味しい」ということに関する感度が非常に高かった。理想とする味のレベルが高く、研究熱心なので、あそこまでいったのだと思います。とにかく、いろいろなものを読んでいました。雑誌や新聞からの切り抜きも尋常な量ではなく、今も一部屋分の段ボール箱が残っています。その何でもない一行から、料理のヒントや発見が生まれるんです。

 仕事のない日に喫茶店で大好きだったコーヒーを飲みながら、次はどんな面白いことをしようかと、目を輝かせていた人だったので、92歳まで生きたら、どのような展開があったのか。それを見られないのが残念でなりません。

小林カツ代のお料理入門
小林カツ代・著

定価:本体920円+税 発売日:2015年02月20日

詳しい内容はこちら


 こちらもおすすめ
文春写真館「料理学校を出ていない」小林カツ代の強み(2015.01.26)
書評料理のプロも驚かせた 美味しい高原カフェ小説(2014.12.24)
インタビューほかいつもは適当自炊にワクワク外食。たまに買い食い、旅ごはんも大好き!(2014.12.10)
書評赤身熟成塊肉、食のボーダレス化―― 最新東京食事情がこの1冊でわかる!(2014.12.02)
書評自らの舌で食べこんだラインアップが証明する真のグルメ(2014.10.26)