インタビューほか

自分が年をとったから書けた

「本の話」編集部 (作家)

『蒼煌』 (黒川博行 著)

ジジさん、ババさんの小説

――芸術院会員選挙を戦う室生晃人のフィクサーの役割をする殿村という画廊経営者が興味深い存在です。

黒川 こういうフィクサーは実際にいますよ。彼の視点を入れたことで、話がすごく広がりました。

――たくさん絵描きの名前が出てきますけど、気を遣われたところなどはありますか。

黒川 名前が実在の人物に一致しないことですかね。美術年鑑を買って、確認して書きました。いろいろな人をモデルに複合して書いていますが、わかる人にはわかるかもしれません。まあ、モデル小説そのものを書いているわけではないし、読者がモデルを想像するのはいいんですけど。

――黒川さんの作品で、これほど女性が出てくるのは珍しいですね。室生の競争相手、稲山健児の孫娘の梨江をはじめ、室生の弟子の大村の愛人たち……。

黒川 女性を描くのは、もともと下手だという意識があるけど(笑)。基本的にはジジさん、ババさんの小説ですよ。

――大村もまだ若く感じますが、実際は……。

黒川 もう四十七ですから。前に書いた『国境』もわりとジジさんの小説ですが、これはもっとジジさんの小説(笑)。

――政治家も含めてですよね。そう考えると、政界と画壇は似ているんですね。

黒川 本当によく似てる。五十なんかバリバリの若手。六十でやっと中堅。そういう意味では、やっぱり、自分が年をとったからですね。若いときはこんなのよう書きませんわ。

――やはり、先ほどもおっしゃったように、時間が経ち、蓄積もあって、書けたと言えるのかもしれませんね。

黒川 年寄りを奮い立たすのは何かというのは考えましたね。明日死ぬかもしれないひとが何をモチベーションとして動くんかな、と。明日がない、今日さえ充実したらええいうのを表現したかったです。この中で、本当の主人公は殿村でしょ。殿村といういったん隠居した八十二の老人が、もういっぺん表に出て、芸術院賞を受賞した絵描きを手足のように動かす。蒼い煌き(きらめ)、と(笑)。

――タイトルにつながるわけですね。室生もあれだけの欲望丸出しの人間ですが、若い頃苦労したという背景もあって、何となく憎めないキャラクターですよね。

黒川 そうですか。そういう意識はなかったけど、途中で、この男のために最後のステップを踏ませてやりたいな、と、ふと思うところが地の文章に出てきました。あれは本当の気持ちです。

【次ページ】言いたいことをどれだけ隠すか

蒼煌
黒川博行・著

定価:本体670円+税 発売日:2007年11月09日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評北朝鮮の真実に迫る 極上エンターテインメント(2014.12.25)
書評特別対談 逢坂剛×黒川博行 イオリンの思い出 (2014.11.28)
書評老人を狙う「新たな」犯罪 その悪質かつ巧妙な手口と、悪人たちの生々しさ(2014.10.09)
インタビューほか騙(だま)し合いの果て、金塊はどこに(2009.01.20)
インタビューほか幕末を見立てる道具屋夫婦(2008.05.20)