書評

日本とインドが手を携えれば、中国の危険な膨張を「抑え込む」ことは可能だ!

文: 櫻井 よしこ

『日本とインド いま結ばれる民主主義国家 中国「封じ込め」は可能か』 (櫻井よしこ・国家基本問題研究所 編)

 本書を出版した2012年5月からわずか2年余りの間に、世界情勢はまたもや激変した。

 その変化は、まるでジェットコースターのように激しく、国際社会は確実に混沌の度合いを深めている。私たちの前に広がりつつあるのは、外交や交渉による解決よりも力の行使による支配を優先し、国際法や理性や人道よりも国家の利己主義を剥き出しにした21世紀の重商主義とでも言うべき価値観である。一連の世界情勢の激変は、13年1月に政権2期目に入ったオバマ米大統領が見せた外交・安全保障政策の変化が直接の引き金だったといってよい。

 この2年余に、世界の指導者が交替した。前述したように米国ではオバマ大統領が任期2期目に入り(13年1月)、中国では習近平氏が国家主席に就任した(13年3月)。ロシアではプーチン氏が大統領に(12年5月)、日本では安倍晋三氏が首相に返り咲いた(同年12月)。13年9月には豪州に保守のアボット首相が、続く14年5月にはインドにモディ首相が誕生した。

 アジア・太平洋地域の国際関係をこれらの指導者が軸となって形成する。が、前述のようにいま二つの明らかに異なる政治の潮流、中国とロシアの力による政治と、日米豪印の国際法や外交による政治の流れが生まれている。この中で日印豪三ヵ国の果たす役割は米国外交を補うという地平を越えて、新たな海洋国家連合によって民主主義や国際法を基盤とする国際社会の枠組みの創造という歴史的使命を帯びたものになるはずだ。

【次ページ】

日本とインド いま結ばれる民主主義国家 中国「封じ込め」は可能か
櫻井よしこ・国家基本問題研究所・編

定価:本体700円+税 発売日:2014年11月07日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
インタビューほか「柔よく剛を制す」ディベートの極意は櫻井よしこに学べ!(2014.10.21)
書評豊富な情報に基づく、的確な判断 中国残留孤児2世の記者が描いた最高権力者(2014.10.07)
書評天安門事件主要メンバーが描く中国膨張の内幕(2014.05.27)
書評『平成海防論』解説(2014.02.05)
インタビューほか「西洋化」に代わる物語を(2011.12.14)