2017.09.26 書評

『古今盛衰抄』あとがき

文: 田辺 聖子 (作家)

『古今盛衰抄』(田辺聖子 著)

『古今盛衰抄』(田辺聖子 著)

 この本に収録した作品は、いずれも『文藝春秋デラックス』に連載したものである。

 ここでとりあげた主人公は、卑弥呼から桂春団治まで、さまざまで、バラエティがありすぎて、突飛に見えるかもしれないが、これは雑誌の編集テーマが毎号ちがっていたので、そのテーマに副(そ)ったからである。

 こんど一冊にまとめることになったので、一応、年代順に並べた。

 まとめてみると、結局、主人公のとりあげかたが、おのずから自分好みの人物を並べることになったのに気づく。

 私は歴史に昏(くら)いから、前人未到の研究をここで発表するわけではない。現在の時点で、誰にも手に入るような資料と史実を自分勝手に按分して、自分好みの人間に仕立てただけである。

 歴史というものは事実のつみ重ねにすぎず、それを素材として、美しくも醜くも、好きなように絵取ってゆくのは、あとから生まれた人の利得なのである。

 もはや地下に眠る死者は、あとから生まれたわれわれに、なにも求めず、なにも強いない。

 われわれは、自分の好みのままに、死者たちの生涯をなぞらえ、形づくってゆく。

 だから、まちがったなぞらえかたや、偏愛が、史実をゆがめているかもしれないが、それは一面からいうと、その人が史実をこう読んだ、という存在証明にもなるだろう。私は小野小町や淀君や、スサノオの神たちの生涯を、かく読んだ、ということである。

 ところで私は、歴史上の人物でも、自分の中のある部分と照応し、ひびきあう人間でないと、愛することができない。



こちらもおすすめ
書評紫式部ってこんな人だったかも! 深い歴史の海へ漕ぎ出してくれる物語(2017.09.26)
書評30年間手放せなかった「むかし・あけぼの」は、平安の世界へ誘う道しるべ(2016.04.19)
書評太陽のように幸福で、孤独だった人――清少納言(2016.04.10)
書評現代の作家が過去という時間を借りて書いた、女として最高の人生を描く古典文学(2015.10.12)
書評現代的な刺激にみちた、永遠にあたらしいユニークな王朝小説(2015.10.11)
書評『ガラスの仮面』の作者が語る王朝文学 「少女マンガの王道をいくストーリーです!」(2015.04.24)
書評本音で生きるヒゲの従者が見た、光源氏の恋愛模様(2011.05.20)
古今盛衰抄田辺聖子

定価:本体830円+税発売日:2017年09月05日