2015.10.11 書評

現代的な刺激にみちた、永遠にあたらしいユニークな王朝小説

文: 田辺 聖子

『とりかえばや物語』 (田辺聖子 著)

『とりかえばや物語』 (田辺聖子 著)

 戦前には『とりかえばや物語』を読むことはできなかった。わたしは旧制女子専門学校国文科の生徒であったが、この本のテキストは世間になかったし、たとえあったにしても、軍国主義のさかんな時代なので、こういう退廃的な物語には、人々は拒否反応をおこしたであろう。

『とりかえばや物語』はながいこと、評価されることなく、うちすてられていた。

 近年になってようやく、ねんごろな注釈つきの本があらわれ、一般の人々が読めるようになった。

 わたしも通読したのは、はじめ、中村真一郎氏の現代語訳によって、であった。

 その後、注釈にたよりつつ原典を読んで、これはたいへんな物語だとわかった。筋のおもしろさ、奇想天外なアイデア、人物のいきいきしていること、はいうまでもないが、いちめん、現代的な刺激にみちているという点で、永遠にあたらしい小説といえるであろう。

 つまり、女の生きかたが、たえず、問われているおはなしなのだ。

 女主人公は、活発で、頭がよく、勇気にとみ、人とつきあうのが大好きなうまれつきだ。そういううまれつきの少女が、時代のならわしとして、年ごろになれば部屋のうちへとじこもり、女たちだけを相手に閉鎖的な生活を強いられることになる。

 考えただけでもいきがつまりそうだ。

 あなたならどうする。

 彼女は自分の可能性に賭け、男装して世の中に生きつづけようと決心するのである。

 もとより、現実ではありえないことだが、そこが物語である。そして、たいていの研究者の推察されるごとく、わたしもこの物語の作者は女性ではないかと思っている。女作者は、男たちに肩をならべて生きることを夢みたのであろう。当時の男(現代でも一部ではそうだろうと思うが)は男性優位を信じているから、そういう女を、小しゃくな、つらにくいやつと考え、とても物語の女主人公にすえたりしないであろう。作者は男ではありえない。

 女主人公は男装して社交界へ打って出、その才知と美貌と人柄によって人々を魅了する。

 しかし運命のおとしあなにはまって思わざる出産を経験する。そのあいだ、彼女は本来の女すがたにもどり、同時に女としての人生をはじめて生きることになる。

 それはただひとりの男の手で描く円周の中にしか、生きられないという、きわめて限定的な生活であった。

 すでに女主人公は、人生の栄光や、自負を知ってしまったのだ。そういう人間に、ひとりの男に支配され、その動きに一喜一憂するだけの、ちっぽけな女の人生への不満がわきおこってくるのは当然である。原典はそこをくりかえし、しっかり書きこんでいる。見ようによればフェミニズム小説ともいえる。しかも相手の男は、女すがたにもどらせて手もとにおいたからもう大丈夫、とばかり、もうひとりの愛人の話まで、くどくどとうちあけてしまう。〈ばかか、この男〉と、女主人公は軽蔑しつつ、内心はどうせすてる男だから、いい顔をしていてやろうと思うあたりの、すごみのある女心。

【次ページ】

とりかえばや物語
田辺聖子・著

定価:本体600円+税 発売日:2015年10月09日

詳しい内容はこちら



こちらもおすすめ
書評現代の作家が過去という時間を借りて書いた、女として最高の人生を描く古典文学(2015.10.12)
書評『ガラスの仮面』の作者が語る王朝文学 「少女マンガの王道をいくストーリーです!」(2015.04.24)
書評本音で生きるヒゲの従者が見た、光源氏の恋愛模様(2011.05.20)
インタビュー・対談若き松本賞作家が生み出す前代未聞の和風ファンタジー、最新作刊行でシリーズ18万部突破!(2015.08.11)
書評史上最年少松本賞受賞作に続く第二弾 話題の八咫烏シリーズに乗り遅れるな!(2015.06.22)
書評黄色い蝶の結んだ縁 両国橋架け替え工事の裏側で(2015.02.06)
特設サイト宇江佐真理「髪結い伊三次捕物余話」シリーズ(2014.10.22)