書評

フランス革命も、アメリカ独立も――歴史はいつも会計士が作ってきた!

文: 山田真哉 (公認会計士・税理士)

『帳簿の世界史』(ジェイコブ・ソール 著)

『帳簿の世界史』(ジェイコブ・ソール 著)

 「会計」という視点を軸にして、歴史の裏側を紐解いてみせたのが、本書『帳簿の世界史』です。その面白さは何と言っても、会計が歴史を動かすダイナミズムにあります。会計はそもそも経済に影響を与えるものですが、本書で語られるのは、会計が政治や文化に影響を与え、さらには歴史までをも動かしてきたという驚愕の事実です。


 本書に登場するのは、コジモ・デ・メディチ、コルベール、ネッケルといった、学校で教えられる「世界史」では、決して主役とは言えない人物たちです。名前に聞き覚えがあったとしても、「何をやった人?」と聞かれたら、すぐには答えが出ないのではないでしょうか。たとえばその一人、ネッケルを『角川世界史辞典』(私のお気に入りの辞典です)で引いてみると、次のように書いてあります。

フランスの銀行家。ジュネーヴ生まれ。経済的手腕を買われ、ルイ16世治下で2度にわたり財務総監となり、国庫の再建にあたった。特権層と対決する姿勢に欠けたが、民衆の期待は大きく、1789年7月の彼の罷免が、バスティーユ牢獄襲撃のきっかけとなった。


 うんうん、なるほど……と、世界史好きな私も、今まではこの説明で納得し、何ら疑問を持つことはありませんでした。しかし、何気なく書かれている「国庫の再建にあたった」という一言──この裏にこそ、世界史を変える劇的なドラマが潜んでいたのです。


 本書の第9章がそれに当たります。一七七七年、ネッケルはルイ一六世に請われて、莫大な負債を抱えたフランスの財務長官に就任しました。厳格な監査を通して、国家の帳簿を精緻化していったネッケル。彼はやがて国庫再建の一環として、「神秘のベール」に包まれていた国家財政を全国民に公開します。この『会計報告』は民衆に大きなショックを与えました。宮廷重視の、あまりにも偏った予算配分だったからです。これに民衆は怒りを爆発させ、それがやがてフランス革命へとつながっていきます。そしてルイ一六世は断頭台の露と消え、絶対王政の時代は幕を閉じることになったのです──。



こちらもおすすめ
書評どんな英雄も、どんな大帝国も、会計を蔑ろにすれば滅ぶ(2015.05.29)
書評メディチ家、ブルボン王朝、ナチス・ドイツ……。組織の命運を握った帳簿とは(2015.05.16)
帳簿の世界史ジェイコブ・ソール 村井章子訳

定価:本体880円+税発売日:2018年04月10日