インタビューほか

強運の女探偵──女探偵・葉村晶シリーズ

若竹 七海

『錆びた滑車 』(若竹七海・著)

 幸い葉村の減らず口があちこちでウケて、単発の予定だった彼女を二度、三度と登場させることになった。やがて、別方面から女探偵もののおはなしの依頼が来ると、他に女探偵の持ち合わせもないから、葉村を興信所の調査員にした。ついには彼女で一冊作りましょう、ということになって、雑誌掲載時は別の女性主人公の物語だったものを数編、葉村晶を主人公にして書き直し、短編集『依頼人は死んだ』が出来上がった。

 「私も女性探偵ものを書きたい!」という悲願はこうして、なんとなく流れで、葉村晶を軸に、いつの間にか成立してしまったのだ。

 昨年刊行した短編集『静かな炎天』は、ミステリファンクラブ「SRの会」により〈SRアワード2017〉の国内部門に選ばれた。ハードボイルド小説の愛好家集団「マルタの鷹協会日本支部」によるファン投票で〈ファルコン賞〉も受賞。特に厳しい目利きのファンの皆様のお眼鏡に、葉村晶が叶ったことになる。

 作者に十三年間もほったらかしにされ、とっくに消えていてもおかしくないはずが、しぶとく生き延びてきた葉村晶。彼女は不運どころか、とんでもない強運の持ち主ではないか、と近頃、私は考えている。(「週刊読書人」2017年7月28日号より)


若竹七海 (わかたけ・ななみ)
1963年東京生まれ。立教大学文学部卒。1991年「ぼくのミステリな日常」で作家デビュー。2013年「暗い越流」で第66回日本推理作家協会賞〈短編部門〉受賞。2015年「さよならの手口」で〈SRアワード2015〉国内部門を受賞。2016年「静かな炎天」が「このミス」2位、翌年〈SRアワード2017〉国内部門、ファルコン賞受賞。


 こちらもおすすめ
特集【週刊文春ミステリーベストテン 2018年国内部門第6位!】ミステリ古書店のバイト店員にしてクールでタフな女探偵──葉村晶のこれまで(2018.12.07)
書評僕とミステリ書店〈TRICK+TRAP〉と女探偵・葉村晶の不思議な関係(2018.08.20)
書評四十肩すら魅力的な女探偵。葉村晶は唯一無二、圧倒的なヒロインなのである。(2016.08.24)
書評長いお別れのあとに(2014.12.01)
インタビューほか最高にタフな女探偵・葉村晶がパワーアップして還ってきた!(2014.11.10)
錆びた滑車若竹七海

定価:本体800円+税発売日:2018年08月03日

静かな炎天若竹七海

定価:本体690円+税発売日:2016年08月04日

さよならの手口若竹七海

定価:本体850円+税発売日:2014年11月07日

悪いうさぎ若竹七海

定価:本体780円+税発売日:2004年07月09日

依頼人は死んだ若竹七海

定価:本体700円+税発売日:2003年06月10日