2018.10.02 書評

手がかりを提示しながらも真相を当てさせない、最高レベルの本格ミステリ

文: 飯城勇三 (翻訳家、書評家)

『赤い博物館』(大山誠一郎 著)

『赤い博物館』(大山誠一郎 著)

 本書は二〇一五年に文藝春秋からハードカバーで出た『赤い博物館』の文庫化となります。そこで、今、この解説を読んでいるあなたに、二つの質問をしましょう。

 〔Q1〕あなたは元版(ハードカバー版)は読んでいますか?

 〔Q2〕あなたは何を期待してこの本を手に取ったのですか?

 まず、あなたが元版を未読であり、面白いミステリを期待してこの本を手に取ったならば、その期待を裏切られることはありません。なぜかというと、本書はトップレベルの本格ミステリであり、謎解きの面白さをたっぷり味わうことができるからです。

 一方、あなたが元版は未読だが、テレビドラマ「犯罪資料館 緋色冴子シリーズ『赤い博物館』」を観ているために本書に関心を持ったならば、その期待を裏切られることはありません。なぜかというと、ドラマ版は原作を尊重しつつも独自のアレンジを加えているため、比べてみると、実に興味深いからです。



こちらもおすすめ
別冊文藝春秋迷宮入りを阻む最後の砦「犯罪資料館」を舞台に、謎多き美女と元捜査一課の巡査部長が難事件に挑む!(2016.08.24)
書評本格ミステリ好きは何をおいても読むべし(2015.11.20)
インタビューほか京大ミステリ研の先輩・後輩が語る、学生時代の思い出と創作の裏側(前編)(2015.11.09)
インタビューほか京大ミステリ研の先輩・後輩が語る、学生時代の思い出と創作の裏側(後編)(2015.11.10)
赤い博物館大山誠一郎

定価:本体760円+税発売日:2018年09月04日