書評

スーさんの魔法の筆から繰り出される言葉の数々に、してやられる快感

文: 中野信子 (脳科学者)

『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』(ジェーン・スー 著)

『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』(ジェーン・スー 著)

 ところで、理系の大学院生というのは、その肩書の物々しさとは裏腹に(むしろ比例して?)実に地味な存在です。お金持ちの通う私立大学なら違ったのかもしれませんが、東京大学は私のような貧乏人でも試験に受かりさえすれば入学することのできる国立大学です。少なくとも、当時の東大は地味でした。いや、キラキラした子もいましたが、少なくとも、当時の私は地味でした。

 髪はほぼ起き抜けのまま、服はそのまま寝ても3日くらい洗わなくてもしわにならず丈夫で速乾性のあるジャージ素材の御徒町あたりで買った2000円くらいのワンピース、メイクも日焼け止めクリームに色のついた何かを無造作に塗るくらいで、アイメイクをするという発想がない。MRI室に入るので、金属粒子の含まれるアイシャドウやマスカラができないからです。アートメイクなんてもってのほかです。入れ墨談義が昨今では周期的に物議をかもすことがありますが、日本国であろうがなかろうが、洋の東西を問わず、入れ墨をしている人はMRIに入ることができません。強力な磁場により金属粒子で着色されている入れ墨の皮膚の部分に電流が発生しやけどを負うことになるからです。ダメ絶対。

 私の研究ではほぼ使いませんでしたが、分野によってはクリーンルームを使うこともあるのでそんなラボであればもちろんメイクはご法度です。単位体積あたりの粉塵を巨額の費用をかけて取り除いている特殊な清潔な部屋の中にあって、粉々しい自分自身が最大の汚染源になるからです。ウェットの実験(培養液を使ったりDNAを抽出したりするやつ)をする人ならコンタミのリスクが上がるのでネイルもダメです。

女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。ジェーン・スー

定価:本体600円+税発売日:2018年11月09日


 こちらもおすすめ
書評これを書いているのは自分ではないか? 共感を呼ぶジェーン・スーの品定め(2016.08.16)
インタビューほか新刊発売記念 本にまつわる四方山話 ジェーン・スー×春日太一(2016.07.06)