インタビューほか

家を買って猫を飼ったら、もう結婚できない!?   小手鞠るいインタビュー『瞳のなかの幸福』

幸福の意味を問い直す書き下ろし長編小説

家を買って猫を飼ったら、もう結婚できない!?   小手鞠るいインタビュー『瞳のなかの幸福』

「家を買って猫を飼ったら、もう女性は結婚できない」。少し前までは、この言葉がネガティブな響きを持ってささやかれていました。でも今は人生に結婚は必須のものではなく、さまざまな幸福のかたちがある時代。家と猫のある人生は、女の幸せのひとつのステレオタイプです。
2月22日に刊行される小手鞠るいさんの『瞳のなかの幸福』は、ある30代の女性が、苦労のすえに家を手にいれ、そこに子猫がやってくるというストーリー。「幸福」のための材料は揃っているのですが、しかし、ただ「幸福」であるだけの物語にはなりませんでした。この作品を執筆しているうちに、小手鞠さんのなかで幸せの意味が変わっていったといいます。その心境の変化について伺いました。


『瞳のなかの幸福』(小手鞠るい 著)

――主人公の妃斗美は(ひとみ)は35歳。長く付き合った恋人から婚約を破棄され、仕事に打ち込んでいるものの、どこか息苦しさ、閉塞感を感じています。彼女に共感する30代は多いと思いますが、小手鞠さんは30代をどのような気持ちで過ごされましたか?

私の30代は、試行錯誤、暗中模索、五里霧中の時期でした。中学時代から小説家になりたいとあこがれてはいたものの、そんなに簡単にいくわけもなく、30代前半は書店でのアルバイトと学習塾の講師の仕事をしながら、作品を書いて、新人賞に応募しては落選する……という日々でした。何度、小説家になることをあきらめようと思ったかしれません。

 バイト先の書店で、夫になる人と出会って結婚し、渡米。渡米後に書いた小説でやっと新人賞を受賞したのが36歳のときでしたが、ここからが大変でした。書いても書いても、原稿は没になるばかり、かろうじて出していただいた本も売れなくて、本当に苦しい時期を過ごしました。せっかく、新人賞をいただく、というチャンスに恵まれたのに、それを活かせていない自分。かといって、いまさら他の仕事をアメリカで探すわけにもいかず、本当にお先真っ暗という状態。ですので、30代の息苦しさ、閉塞感の描写なら、「任せてください!」という感じだったのです。

――その30代の閉塞感を打ち破るものとして、この物語では「家」と「猫」が出てきます。

 結婚して子どもをつくり、幸せな家庭を築く……というある意味では定番のコースから外れてしまった主人公にとって、持ち家とは自分を支えてくれる確固たる場所であり、揺るぎない安心の砦になり得ます。そして、猫は、愛し、愛される対象そのものです。つまり、家があって、猫がいれば、何も男や結婚に頼らなくても、「幸せな家庭」「幸せな人生」「愛ある生活」が実現できます。私はたまたま気の合うパートナーに恵まれていますが、私自身も「家と猫」さえあれば、幸せに生きていけると確信を抱いています。

瞳のなかの幸福小手鞠るい

定価:本体1,700円+税発売日:2019年02月22日


 こちらもおすすめ
書評私の「優しいライオン」――やなせたかし先生に捧げる作品(2015.09.11)