特集

冷凍保存された言葉──松本清張賞受賞記念エッセイ

文: 坂上 泉

第26回松本清張賞受賞作『へぼ侍』

『へぼ侍』(坂上 泉 著)

 こんな変わった彼らの思いや、そのやり取りは、今はもう残っていないけれど、面白くないはずがない。それが面白く感じられるように、百数十年前の史資料の合間に残った残り香から、味付けしてやれば良い。兵庫で生まれ育ち、大阪で四年勤務した自分にとって、納得のいく話し言葉に仕上げられたら、きっと大阪らしい瑞々(みずみず)しさを取り戻して楽しいはずだ。そう思い、この作品を書き始めました。

 基になる論文や当時の新聞資料を、物語の形に「解凍」する作業には、一年とちょっとばかりかかったように思います。それだけ、素材自体は、時代を長く経ても残る、そんな固さのあるものだったのでしょう。今の作品の形であっても、そもそも文字で文章になっている以上、喋り言葉本来の生々しさからは既に離れているはずです。

 なので、この作品を最後の最後に解凍するのは、読む人にお任せしたいと思います。読む人の中にある熱い何かを注げば、三分とは言いませんが、いくらか待てばラーメンになるよう、せめてカップ麺にまではできたんじゃないかな、と思っています。


坂上 泉(さかがみ いずみ)
東京都新宿区在住。1990年生まれ。東京大学文学部日本史学研究室で近代史を専攻。現在、会社員。

こちらの選評が掲載されているオール讀物 6月号

2019年6月号 / 5月22日発売 / 特別定価1000円(本体926円)
詳しくはこちら>>

へぼ侍坂上泉

定価:本体1,400円+税発売日:2019年07月09日


 こちらもおすすめ
特集松本清張賞受賞記念エッセイ「T字路と私」(2018.07.06)