特集

島田荘司推理小説賞発表! 候補作選評『黄』(雷鈞・著)

第四回 噶瑪(かば)蘭(らん)・島田荘司推理小説賞選評

『黄』(雷鈞 著)

 これはむろん一種のジョークとしてなされたものだから、特に真剣になる必要はないのだが、十九世紀発生のこの文芸は、科学信奉意識を通過したアングロサクソン民族の身内趣味であり、他人種の才は当時基本的に必要としてはいなかった。中国人種に限らず、他民族はこの新文芸の意図を理解はしないであろうと考えていた。

 近現代史各方面に遺されたこの民族の進歩への貢献度を考えれば、この程度の軽口は許されてよいが、アジア人のIQの高さや、その能力の将来の伸張率を、この英国人は優越感ゆえに読み切れなかった。そして創始者アングロサクソンによる探偵小説創作が失速した今、他の誰でもなく、中国人こそが魔術を脇に置いてジャンルに傑作を送り込み、フィールドを支え、復興を為さしめるべきである。

 果たして新世紀が開けた今回の当賞において、中国人のミステリー作家が、あえて人種的な特徴である「黄」という色彩をタイトルに押し立てて秀作を書いてきた事実に、時代の意志を感じずにはすまず、思わず拍手を贈りたい衝動にかられた。

 しかもこの「黄色」が、驚きを誘導する装置であるべきこの小説において、結部の最大の驚きと巧みに重なる位置に計算されており、一個人の才覚を超えて現れたふうのその巧妙な企みにも、心を動かされた。

 遥か東方に一條の河あり、その名を長江という
 遥か東方に一條の河あり、その名は黄河という
 いにしえの東方に一條の龍あり、その名を中国という
 いにしえの東方に人々あり、彼らは龍の末裔なり
 巨大な龍に守られて我らは成長し、やがて龍の末裔となりし
 その黒い瞳、黒い髪、そして黄色い肌、永遠、それは龍なり

 華文の作家志望者に向かい、幾度か訴えたこちらの意図が、この美しく誇り高い詩とともに、これ以上望めない完成形で戻ってきた今回、大いに満足したことをも告白しておかなくてはならない。

雷鈞 稲村文吾訳

定価:本体1,800円+税発売日:2019年07月24日


 こちらもおすすめ
特集第四回 噶瑪(かば)蘭(らん)・島田荘司推理小説賞選評 総評(2019.07.23)
特集島田荘司推理小説賞発表! 候補作選評『熱層之密室」(提子墨・著)(2019.07.23)
特集島田荘司推理小説賞発表! 候補作選評『H.A.』(薛西斯・著)(2019.07.23)