本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「出世列車」から「出稼ぎ列車」へ 東北と東京を繋いだある急行列車の記憶

「出世列車」から「出稼ぎ列車」へ 東北と東京を繋いだある急行列車の記憶

文:小牟田哲彦 (作家)

『座席急行「津軽」殺人事件』(西村京太郎 著)

出典 : #文春文庫
ジャンル : #小説

『座席急行「津軽」殺人事件』(西村京太郎 著)

 JRのすべての特急・急行列車には、「のぞみ」「ひかり」のように列車愛称が付けられている。日本で初めて列車に名前が付いたのは昭和4年で、当時の鉄道省が旅客誘致策の一環として、東京~下関間の特急を一般公募により「富士」「櫻」と命名した。現在は、旅客案内上の便宜を図るほか、全国共通の座席指定券の発券システム上で列車を正しく区別しやすいように、という意義も持っている。

 ただ、世界を見渡せば、個々の列車を名詞で識別しなければならないルールなどなく、たとえば中国やベトナムなど主に共産圏の国々では、単に「51次列車」「第3急行」のように無機質な数字のみで列車を識別している。だから、日本でも個別の列車名がなくとも営業運行できるはずなのだが、戦後の日本の国鉄、それを受け継いだJRは、路線ごと、列車種別ごとに地名や花鳥風月などに由来するさまざまな列車愛称を付与し、それらは利用者にも広く受け入れられてきた。

 ところが、かつての長距離列車の中には、国鉄が命名した公式の列車愛称の有無にかかわらず、利用者の間で別の異名をとった列車が存在した。東京~博多間を走った寝台特急「あさかぜ」は、客車の半数以上をA寝台車、グリーン車、そして食堂車が占めた豪華編成時期に「殿様あさかぜ」と呼ばれた。

 他にも、新宿から毎晩出発する中央本線の普通夜行列車は、アルプス方面への登山客が多く利用するので「山岳夜行」「山男列車」、新大阪あるいは天王寺から紀勢本線方面へ南下する寝台列車「はやたま」(昭和53年までは「南紀」)は、紀伊半島で早朝から海釣りをする関西圏の釣り客に愛用されていたため「太公望列車」、といった具合である。

「出世列車」として羨望の的に

 本作品の舞台となっている急行「津軽」は、そうした異名を持つ伝統列車の代表例であった。本作品では「出世列車」「出稼ぎ列車」の二つの名が挙げられているが、「津軽」の別名として広く知られているのは「出世列車」であろう。

「津軽」は昭和31年11月、上野~青森間を奥羽本線経由で走る夜行列車に付けられた列車愛称である。長距離を走る夜行列車であっても特急や急行ではなく普通列車であることが珍しくなかった当時、奥羽本線経由で上野へ直通する急行列車は「津軽」が初めてだった。そのため、とりわけ青森県西部・秋田県・山形県にまたがる奥羽本線の沿線各都市にとって、その存在感は大きかった。一等車(現在のグリーン車)や一等寝台車(のちのA寝台車)が組み込まれた急行「津軽」は奥羽本線を代表する優等列車であり、集団就職などで上京した沿線住民にとっては、「『津軽』の一等寝台に乗って帰郷する」ことが「出世して故郷に錦を飾る」ことを意味するようになった。「出世列車」の異名はここから来ている。

 昭和45年に寝台特急「あけぼの」が同ルートを走破するようになると、急行列車である「津軽」は奥羽本線の筆頭列車としての地位を失う。だが、「津軽」の人気はその後も根強く、座席車のほかにA寝台車とB寝台車が連結される多彩な編成が15年ほど続いた。特急に比べて廉価で利用できる急行「津軽」は、最上級のA寝台でも「あけぼの」よりは利用しやすいので、この時期に「『津軽』のA寝台で故郷に帰る」往年の目標を実現した人もいたかもしれない。

文春文庫
座席急行「津軽」殺人事件
十津川警部クラシックス
西村京太郎

定価:682円(税込)発売日:2019年08月06日

電子書籍
座席急行「津軽」殺人事件
十津川警部クラシックス
西村京太郎

発売日:2019年08月06日

プレゼント
  • 『水木しげるロード 全妖怪図鑑』

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2022/9/20~2022/9/27
    賞品 『水木しげるロード 全妖怪図鑑』 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る