インタビューほか

いま明かされるバブルの裏面史

尾島 正洋

『総会屋とバブル』(尾島正洋 著)

いま明かされるバブルの裏面史

『総会屋とバブル』(尾島正洋 著)

 かつて「総会屋」と呼ばれた男たちがいた。今で言うところの反社会的勢力である。

 昭和から平成にかけて、裏社会の住人たちが日本を代表する上場企業の株主総会を舞台に、狼藉の限りを尽くしていたのだ。

 総会屋は上場企業の株を購入して(彼らはこれを「株付けする」と言う)株主総会に乗り込み、長時間にわたり質問を繰り返しては議事進行を妨害し、経営陣に揺さぶりをかけた。質問の内容は重箱の隅を突くような些細なものから、業績や経営方針について鋭く切り込むものまで玉石混交、千差万別だ。

 時には何百項目、何十枚にも及ぶ膨大な質問状を総務部に送りつけて、「総会で質問するから回答を準備しておけ」と事前通告してくる者もいた。ところが、総会の直前になると質問状を突如取り下げることもあった。その見返りは当然、カネだった。彼らは手練手管の限りを尽くして企業を揺さぶり、裏側でカネを要求していたのである。

 私が総会屋に初めて会ったのは、バブル経済が崩壊していた1996(平成8)年の秋だった。当時、産経新聞の社会部記者だった私は警視庁記者クラブに所属して、経済事件のほか、暴力団や総会屋による事件の取材を担当していた。「暴力団」と言えばどんな人間なのか、ある程度のイメージが描けるが、「総会屋」とはどのような人物なのか、どのような活動をしているのか、いまひとつ見当がつかない。そのころ、キリンビールや高島屋が総会屋に何千万円もの利益供与をしていた事件が摘発されていただけに、総会屋なる人間に実際会ってみたいと思っていたところ、ある関係者が「紹介しましょう」と引き受けてくれた。

総会屋とバブル尾島正洋

定価:本体800円+税発売日:2019年11月20日


 こちらもおすすめ
書評暴力団の「原発利権」解明に命を懸けた男(2012.01.11)
書評フィクションの名を借りた「秘密の暴露」だ(2011.09.20)
インタビューほか“ヤクザ”が料理をしている理由とは(2014.12.09)