本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
<東川篤哉インタビュー>「魔法使い」シリーズは『刑事コロンボ』と『奥さまは魔女』から生まれた!

<東川篤哉インタビュー>「魔法使い」シリーズは『刑事コロンボ』と『奥さまは魔女』から生まれた!

「オール讀物」編集部

『魔法使いと最後の事件』でついにシリーズ完結!


ジャンル : #エンタメ・ミステリ

本格ミステリと魔法の融合!

爆笑のシリーズ最新刊『魔法使いと最後の事件』(文藝春秋)

 数ある東川さんの作品の中でも「いちばん笑える」と評判なのが、2011年にスタートした「魔法使い」シリーズ。このたび4巻目となる『魔法使いと最後の事件』が刊行され、ついに大団円を迎えることになった。

 本格ミステリと魔法とを融合する大胆な発想には、当初、多くのミステリファンが驚愕した。さぞ長年の構想、周到な準備があったのだろうと思いきや、

「もともとのきっかけは、雑誌で『懐かしの海外ドラマベストテン』的な記事を読んだこと」と、東川さんが明かしてくれた。

「結果は、1位が『刑事コロンボ』、2位が『奥さまは魔女』でした。どちらもよく観てましたから、このふたつの面白さを組み合わせてミステリを書いたら傑作が生まれるはずだ、と思いついたんです。

シリーズ第1巻『魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?』(文春文庫)

『刑事コロンボ』は必ず犯人の犯行シーンからドラマが始まる、いわゆる〝倒叙ミステリ〟です。またコロンボ刑事は、よく奥さんのことを話題にして『うちのカミさんが~』とボヤきますよね。これを『奥さまは魔女』と合体させたらどうなるか? 『うちのカミさんが魔女』である刑事を主人公にして倒叙ミステリを書けばいい――と、いわばギャグありきの、ノリで始めたシリーズでした」

 物語の主役は、ごく普通の八王子署の若きエース小山田刑事と、ごく普通の美少女家政婦マリィ。ただひとつ違っていたのは、マリィは……魔法使いだったのです!(ナレーション風に)

「倒叙ミステリなので、最初から読者は犯人を知っています。マリィは魔法を使って犯人を自白させるんですけど、そこに驚きはありません。むしろ、魔法の力で犯人を知った小山田が、どうやってきちんとした裏付け証拠を見つけ、犯人をギャフンと言わせるか。その推理や捜査のプロセスがミステリとしての読みどころです」

驚愕の「出会い系捜査」とは!?

単行本
魔法使いと最後の事件
東川篤哉

定価:1,540円(税込)発売日:2019年11月28日

文春文庫
さらば愛しき魔法使い
東川篤哉

定価:726円(税込)発売日:2019年10月09日

文春文庫
魔法使いと刑事たちの夏
東川篤哉

定価:693円(税込)発売日:2017年05月10日

文春文庫
魔法使いは完全犯罪の夢を見るか?
東川篤哉

定価:693円(税込)発売日:2015年04月10日

文春文庫
もう誘拐なんてしない
東川篤哉

定価:649円(税込)発売日:2010年07月09日

プレゼント
  • 『日暮れのあと』小池真理子・著

    ただいまこちらの本をプレゼントしております。奮ってご応募ください。

    応募期間 2023/05/26~2023/06/02
    賞品 『日暮れのあと』小池真理子・著 5名様

    ※プレゼントの応募には、本の話メールマガジンの登録が必要です。

ページの先頭へ戻る