インタビューほか

新型コロナウイルス流行で露見した、報道されない“東京五輪の暗黒面”

後藤 逸郎

『オリンピック・マネー』(後藤 逸郎)

『オリンピック・マネー』(後藤 逸郎)

 二〇二〇年東京オリンピック・パラリンピックが揺れている。新型コロナウイルスの流行で、「一年程度の延期」が決定されたが、先行きは決して明るいものではない。

 未知の疫病を前に、IOC(国際オリンピック委員会)や日本政府、東京都、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会が対応に苦慮したのは無理もない。だが、一連の議論の過程で、新型コロナウイルス流行の収束のめどが立たないにもかかわらず、予定通りの開催方針を繰り返し表明したIOCに違和感を抱いた人も多いだろう。特に延期や中止について議論する際に、米テレビ局の放送権尊重が大前提に語られ、選手や観客の健康、生命を保障する道筋のないまま開催を語る姿勢は、「平和の祭典」という大義を自ら損ねるものに映った。

オリンピック・マネー後藤逸郎

定価:本体800円+税発売日:2020年04月20日


 こちらもおすすめ
インタビューほか連続テレビ小説「エール」のモデルになった古関裕而、その80年の生涯とは(2020.03.30)
書評オリンピック前夜の東京という魔物を描いた初期傑作ミステリー(2016.04.16)