本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
司馬さんと3人の識者が「日本の歴史」を縦横無尽に語った、今こそ読むべき一冊

司馬さんと3人の識者が「日本の歴史」を縦横無尽に語った、今こそ読むべき一冊

文:関川 夏央 (作家)

『対談集 歴史を考える』(司馬 遼太郎)

出典 : #文庫解説
ジャンル : #随筆・コミックエッセイ

『対談集 歴史を考える』(司馬 遼太郎)

 司馬遼太郎の対談集『歴史を考える』は、一九七二(昭和四十七)年初めから一九七三年七月にかけて発表された対談の記録である。半世紀近く前のことになるが、時の流れに耐えていると思う。

 萩原延壽(のぶとし)との対談「日本人よ“侍”に還れ」は「文藝春秋」七二年二、三月号に掲載された。山崎正和との対談「日本宰相論」は文藝春秋社の論壇誌「諸君!」七三年一月号に、綱淵謙錠(けんじょう)との「敗者の風景」はおなじく文藝春秋社の小説誌「オール讀物」七三年四月号に、山崎正和との再度の対談「日本人の世界構想」は「諸君!」七三年七月号に掲載された。その単行本化『歴史を考える』の刊行は七三年十月であった。

 萩原延壽は一九二六(大正十五)年生まれだから司馬遼太郎の三歳下、旧制最後の東京帝国大学法学部政治学科から大学院に進み、のちペンシルベニア大学とオックスフォード大学で学んだ。学術性と文学性を兼ね備えた新しい領域というべき評伝『馬場辰猪(たつい)』(吉野作造賞)をはじめ、『陸奥宗光』『東郷茂徳』など日本近代史の主役とはいえないが、その人なしには近代史そのものが成立しなかったであろう重要な脇役の評伝に力を注いだ。

対談集
歴史を考える
司馬遼太郎

定価:本体670円+税発売日:2020年05月08日

ページの先頭へ戻る