書評

“座談の名手で人たらし”司馬さんがしばしば口にしていた「たとえ話」

文: 白川 浩司 (元編集者)

『余話として』(司馬 遼太郎)

『余話として』(司馬 遼太郎)

 司馬さんはしばしば「座談の名手」と呼ばれる。また、いささか品のない言い方だが、「人たらし」などと言われることもある。私ごときが申すのも何だが、話題は歴史一般はもちろん、例えばかつて中国山地で行われていたタタラ製鉄のための高殿の構造など、微細な「余話」にまで及ぶから、人は気がつけばいつの間にか聞き入ってしまうことになる。例えばの話(実際に聞いたわけではない)、本書に出てくる日露戦争前夜のベゾブラゾフと栗野公使の名前をめぐる挿話(「策士と暗号」)のような話が、さり気なく会話の中に出てくるのである。関西の人らしく決して直接的な物言いではないが、人物評など後で考えると相当辛辣なことをおっしゃったのにその時は気づかなかった、などということもあった。司馬さんのエッセイは語り口、息遣いなど座談そのままと言ってよく、今回読み返して改めて懐かしさにかられたものだ。

余話として司馬遼太郎

定価:本体650円+税発売日:2020年02月05日


 こちらもおすすめ
特集面白いのは当たり前、賢い女なら“活用”しよう! アラサー女子に贈る“司馬本”7つの楽しみ方(前編)(2016.02.02)
インタビューほか北大路欣也 『竜馬がゆく』から始まった(2016.02.01)