書評

村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文(1)マイ・ルーツを知りたくないか?

文: 田中 浩康

村上春樹『猫を棄てる』感想文コンテスト

4月23日に発売になった、村上春樹さんが初めて自らのルーツを綴ったノンフィクション『猫を棄てる 父親について語るとき』。
「文藝春秋digital」で開催中の「#猫を棄てる感想文」のハッシュタグをつけていただいた投稿から、注目の感想文を今週よりご紹介していきます。
第一回は、ヤクルトファンの村上さんが「猫尻尾打法」と命名した、元・ヤクルト不動のセカンドで、現・横浜DeNAベイスターズのコーチの田中浩康さんです。


写真:鈴木七絵(文藝春秋)

読みました。

1日で読み上げた達成感と高ぶる高揚感。

読書感想文を書くなんて、中学生の時に夏休みの宿題をすっぽかして以来だろう。あの時は担任の先生を困らせた(たしか3冊ほど家に本を届けてくれた)。

noteの読書感想文コンテストに感謝。

歴史上の人物は知っているけれど、自分のルーツをdeepに知りたくなった。

村上文学のルーツを知るとともに、作中の背景から時代の移り変わりは早いなと改めて感じた。

村上さんと猫との関係。そのルーツ。

私のバッティングフォームを「猫尻尾打法」と名付けてもらったルーツでもあるのかもしれないのではと、勝手に妄想が膨らんだ。

猫と戯れてくしゃみが止まらなくなった経験を持つ私。愛猫はいないが、Twitter等にあげられている猫の動画や画像に癒される毎日。

田中浩康 https://note.com/hiroyasu0524

 


「#猫を棄てる感想文」コンテストについては、「文藝春秋digital」の募集ページをご覧ください。
また、感想文は「村上春樹『猫を棄てる』みんなの感想文」で、まとめて読むことができます。

特設サイトへ
猫を棄てる村上春樹

定価:本体1,200円+税発売日:2020年04月23日


 こちらもおすすめ
書評父から子に記憶を語り継ぐということ――佐藤優が村上春樹『猫を棄てる』を読む(2020.04.23)
コラム・エッセイ【4月の注目】担当編集者の一押しコメント! 村上春樹『猫を棄てる 父親について語るとき』(4月23日刊)(2020.03.27)
インタビューほか『猫を棄てる』の表紙と挿絵を描いた高妍さんからのメッセージ(2020.03.26)
特集「舵の曲ったボート」の歴史意識――村上春樹、小説家40年を貫くもの<特集 村上春樹・作家生活40年>(2019.11.26)
特集「こういうことがつまりジャズなんだよ」――村上春樹とジャズをめぐる3章<特集 村上春樹・作家生活40年>(2019.11.26)