書評

世間を知らない少年の声が、大人に響く

文: あさの あつこ (作家)

『風に恋う』(額賀 澪)

『風に恋う』(額賀 澪)

 どうしようもない。

『風に恋う』を読み終えた直後、私を浸している感情を一言で表せと言われたら、「どうしようもない」と、わたしは答える。それしか答えが見つからない。

 今年の二月の半ば、わたしは文藝春秋の編集者から『風に恋う』の解説を依頼された。正直、断るつもりだった。このところ、めっきり筆の遅くなった(年のせいだろうか)あさのとしては、他人さまの作品について何かを語る余力はないと思われたからだ。時間的にも精神的にも。けれど、引き受けた。断るつもりだったのに引き受けた。

 法外な原稿料に目が眩んだわけではない(そもそも、法外な原稿料など提示されなかった。きっちり規定通りでした)。編集者に泣きつかれたからでもない(編集の〇〇さん、終始、冷静沈着でした。見習わねば)。額賀澪という作家名に惹かれたからだ。さらに言えば、額賀澪のデビュー作『屋上のウインドノーツ』を読んだ時の心に刺さってきた感覚がよみがえってきたからだ。

 人と人との関係が本物だった。志音も大志も瑠璃も血肉のある、心を持つ人間として読み手に迫ってくる。そこにドラムが響き、風が吹き抜ける実感が加わる。安易な青春物語にも安っぽい恋物語にも堕ちない強靭さを持った作品だった。

風に恋う額賀澪

定価:本体790円+税発売日:2020年06月09日


 こちらもおすすめ
特集『ジョックロック』に笑え(2020.06.09)
インタビューほか<額賀澪インタビュー>“できない”アラサー男子にだって、青春や成長はある!(2020.05.28)
書評自問自答の苦難と愉悦(2018.06.27)
書評愛すべき「風」の物語――吹奏楽にかける熱い青春(2017.06.08)
インタビューほか美大を舞台にほろ苦い青春を描く(2016.06.09)