本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
【トークショー&サイン会】大島真寿美さんが直木賞受賞作『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』の舞台で語る!

【トークショー&サイン会】大島真寿美さんが直木賞受賞作『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』の舞台で語る!

文:「本の話」編集部

2020年11月22日 道頓堀ミュージアム並木座(体験型 劇場都市歴史館)にて


ジャンル : #歴史・時代小説

『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』(大島 真寿美)

江戸時代の大坂・道頓堀を舞台に浄瑠璃作者の近松半二の一生と、名作『妹背山婦女庭訓』の制作過程に迫った『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』。第161回直木三十五賞に続いて、第7回高校生直木賞を受賞した大島真寿美さんが、小説の舞台になった道頓堀に建てられたミュージアム並木座の1周年を記念したイベントに登場します。

開催概要

日時 2020年11月22日(日)14:30~
会場 道頓堀ミュージアム並木座
大阪市中央区道頓堀1-1-6 Y'sピア道頓堀並木座ビル1階 (地図
最寄り駅:大阪メトロ各線「日本橋」駅 徒歩2分 / 大阪メトロ「なんば」駅 徒歩7分
内容 第1部【14時30分~15時20分】 ※受付開始14:00
『昭和の道頓堀 ~演劇界栄枯盛衰~』
登壇:豊竹呂太夫師匠・河内厚郎先生
内容:昭和時代の道頓堀の文楽、歌舞伎、演劇界について

第2部【15時30分~16時20分】
直木賞受賞作『渦』の作者が語る『近世道頓堀は大きな@(うず)』
登壇:大島真寿美さん・道頓堀ミュージアム並木座 仕掛人 山根秀宣
内容:近松半二や並木正三、耳鳥斎の頃の道頓堀の話

【16時30分~17時00分】
『大島真寿美さんサイン会』
書籍販売&サイン会

入場料:1,500円
Zoom視聴:1,000円
※Zoom視聴はリアルタイムのみで行います
お申込み TEL:06-6538-4880
FAX:06-6538-4889
MAIL:namikiza@yamane-e.com
http://www.yamane-e.com/dotonbori-namikiza.html

※入館者の皆さまには全員の検温、アルコール消毒、マスクの着用をお願いします。
※その他換気や消毒なども徹底し、政府ガイドラインに沿ったイベント開催です。
※状況によっては中止の場合もあります。
大島真寿美さんと第一部の登壇する太夫の豊竹呂太夫師匠
特設サイトへ
オール讀物 11月号

2020年11月号 / 10月22日発売
詳しくはこちら>>

妹背山婦女庭訓 魂結び
大島真寿美

定価:2,035円(税込)発売日:2019年03月11日

ページの先頭へ戻る