本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
<特別対談:大島真寿美×中村七之助>中村屋から『渦』は始まった

<特別対談:大島真寿美×中村七之助>中村屋から『渦』は始まった

出典 : #オール讀物
ジャンル : #歴史・時代小説

二〇一五年、平成中村座で七之助が演じたお三輪の可愛らしさが、小説家の創作意欲をかきたてた……直木賞受賞作誕生の背景にあった歌舞伎との深い縁を語り合う。
(二〇一九年八月六日、歌舞伎座にて)


『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』(大島真寿美 著)

「妹背山」なら何か書ける

 七之助 この度は直木賞のご受賞、おめでとうございます。

 大島 ありがとうございます。

 七之助 稽古場でも受賞作の『渦』のことは話題になっていました。今回の対談のお話をいただき、僕が本を持っていたら、市川中車さんの付き人の方に「自分も同じ本を持っています。面白いですよね」と言われました。

 大島 わぁー、うれしいです。そもそも、この『渦』という作品は、七之助さんが演じた「妹背山婦女庭訓」のお三輪を観た時に、何か書けるかもしれない、とピンときたのが始まりなんです。

 七之助 いつ頃のことですか?

 大島 二〇一五年、浅草での平成中村座の陽春大歌舞伎でした。

 七之助 まだ、兄の勘九郎の長男・七緒八(中村勘太郎)が小っちゃくて、豆腐買いの娘役で出ていた時ですね。

 大島 とにかく七之助さんの演られたお三輪が、いじらしくて、すごく可愛かった。以前から歌舞伎のことを書いてほしいと言われていた担当編集者に、「『妹背山』なら書けるような気がします」と伝えて、そこからこの小説がスタートしました。

特設サイトへ
妹背山婦女庭訓 魂結び
大島真寿美

定価:2,035円(税込)発売日:2019年03月11日

ページの先頭へ戻る