本の話

読者と作家を結ぶリボンのようなウェブメディア

キーワードで探す 閉じる
「8年越しの取材で分かった、素顔の細野晴臣」 評伝『細野晴臣と彼らの時代』著者門間雄介インタビュー

「8年越しの取材で分かった、素顔の細野晴臣」 評伝『細野晴臣と彼らの時代』著者門間雄介インタビュー

聞き手:本の話編集部


ジャンル : #ノンフィクション

 活動五十周年を迎えた音楽家・細野晴臣の決定版評伝『細野晴臣と彼らの時代』を出版された門間雄介さん。本人をはじめとし、松本隆、鈴木茂、坂本龍一、高橋幸宏、林立夫、松任谷正隆、矢野顕子など共に時代を歩んだ人々への取材や調査、執筆に取り組まれた八年を振り返っていただきました。


『細野晴臣と彼らの時代』(門間 雄介)

――企画が立ち上がってから本が出るまでの八年、細野さんとの時間は門間さんにとってどのようなものでしたか。

 昔からファンで、細野さんがこれまで音楽史の中で打ち立ててきた偉業は当然知っていたので、はじめてインタビューした時はガチガチに緊張していました。この本にも星野源さんの言葉として書きましたが、まさに「音楽の神様」みたいな存在で、その人を目の前にキャリアを振り返るインタビューを始めるという緊張感は大きかったです。

 でも1回目のインタビューをしている間に、すでにその緊張が和らいでいきました。細野さんの話は面白く、軽妙で、人柄の温かさを感じたからだと思います。2回目以降はあまり緊張感を抱くことなく、壁も感じずに話ができるようになりました。細野さんは年の差を感じさせない人なんです。だから親しみを覚え、もっと話を聞きたくなる。細野さんからも実際、なんでも聞いてよと言われたこともあって、神様みたいな人だという印象はすぐになくなり、音楽にとても詳しい先輩から面白い話を聞いているという時間だったように思います。

――細野さんの周りにいる多くの方にも取材されていますね。

 細野さんと長くお付き合いされている方々にお話をうかがいましたが、細野さんに対する印象が真っ二つに分かれたのが面白かったです。こんなに長く付き合っているのに、いまだに細野さんは謎そのものという人と、あんなにわかりやすい人はいないという人、両極端でした。そして、どっちの意見も分かるんですよね。細野さんは聞けばなんでも素直に答えてくれるので、そういう意味ではわかりやすいとも言えます。ただ、その答えの裏側にあるものを考えると、謎が出てくる。結局、両極端の答えがどちらも当てはまっていて、すごくわかりやすい人であると同時に、謎な人でもある。この本を書き終えても、細野さんの謎は払拭できていない気がします。

――そのお人柄は音楽にも繋がっていると思われますか。

 音楽的にも、細野さんの両極端な傾向は当てはまるなと思います。わかりやすさという部分では、この音楽が好きだ、この音楽を追求してみたいと思ったときに、一目散にそっちに向かっていくところ。一方で、それまでロックをやっていた人が、突然マリンバや三味線を入れたエキゾチックサウンドに向かっていく、謎。人間性と音楽性が合致している人ほど面白い音楽を生み出せていると思うのですが、細野さんはまさにそうだと思います。合致しているというか、切り離して考えるものではないんでしょう。音楽性と人間性が一体となっている。本には細野さんの人間的な葛藤が多く書かれていますが、その葛藤もその都度音楽にしてきた人だと思います。

――多くの人に取材されている中で、この話を聞けてよかったと思ったものはありましたか。

 一番はやはり、坂本龍一さんからYMO時代の確執の理由を聞けたことです。インタビューが終わり、ICレコーダーを止めた後に、坂本さんがいまこういう話ができてよかったと言ってくださったんです。一人のインタビュアーとしてとても嬉しかったですね。もしかしたら心のなかに過去のしこりとして残っていたものがあったのかもしれませんが、それを吐き出すことで、未来へ進んでいきたいと考えていらっしゃるように思いました。

細野晴臣と彼らの時代
門間雄介

定価:2,420円(税込)発売日:2020年12月17日

ページの先頭へ戻る